VoLTE&Wi-Fi&新料金プラン対応、ドコモのガラホ「P-smartケータイ P-01J」「AQUOSケータイ SH-01J」速攻レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモの2016年冬春モデル発表会で、いわゆる「ガラホ」が2機種発表されました。

第一弾は3G対応のみでWi-Fi無しという残念な仕様でしたが、今回はかなり作り込まれています。詳細は以下から。

まずは「P-smartケータイ P-01J」。約3.4インチフルワイドVGA(854×480)液晶、500万画素カメラ、1800mAhバッテリーを搭載し、下り最大112.5MbpsのLTEとVoLTEに対応した防水、防塵モデル。ワンセグ、赤外線に対応したほか、IEEE802.11 b/g/nのWi-Fiや赤外線をサポートしています。





パナソニックらしく、ワンプッシュオープンに対応しています。



続いては「AQUOSケータイ SH-01J」。約3.4インチqHD(960×540)液晶、800万画素カメラ、1800mAhバッテリーを搭載し、下り最大112.5MbpsのLTEとVoLTEに対応した防水、防塵モデル。ワンセグ、赤外線に対応したほか、IEEE802.11 b/g/nのWi-Fiや赤外線をサポートしています。




サイドにはワンプッシュオープンボタン。



なお、若干気になるのが「P-smartケータイ P-01J」「AQUOSケータイ SH-01J」ともどもワンプッシュオープンに対応しており、ディスプレイの解像度やメインカメラの画素数が違うだけで他は仕様はほとんど同じという点。




登録した番号に直接かけられる「I」「II」「III」ボタンまで完全に同じ。説明員に問い合わせたところ、あくまで「どちらかがどちらかのOEMというわけではない」とのこと。何らかの大人の事情を感じてしまいますが、はたしてどういうことなのでしょうか。


また、ドコモは「P-smartケータイ P-01J」「AQUOSケータイ SH-01J」登場に合わせて5分以内の通話であれば1200円で済む「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と、データ単価1KBあたり0.03円で最大2GBまでを月額300~4200円の「ケータイパック」を新設。

ライトユーザーであれば月額2000円以内で利用できますが、テザリングには対応していない点に注意が必要です。

・関連記事
NTTドコモの2016年冬~2017年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7での強みは?国内最速・下り最大512Mbpsを実現するドコモがネットワークを解説 | BUZZAP!(バザップ!)

「20GB」で並ぶ携帯各社、速度制限や通信の最適化について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7はドコモの「下り最大512Mbps」やソフトバンクの「Massive MIMO」などの新技術に対応するのかをまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加