カメラと音を極めた「V20 PRO L-01J」速攻レビュー、isai Beatのドコモ版は単色展開に



先日KDDIが発表した「isai Beat」のドコモ版が「V20 PRO L-01J」として発表されたので、さっそくレビューをお届けします。詳細は以下から。

これが「V20 PRO L-01J」本体。5.2インチWQHD(2560×1440)AH-IPS液晶にSnapdragon 820、4GB RAM/32GB ROMを備えた防水・防塵対応のAndroid Nスマホで、基本的な仕様はau版と同じ。


au版に対するアドバンテージは、発売時期が2017年2月へとずれ込む代わりに、下り最大500Mbpsの通信速度を実現するほか、試供品としてイヤホンが付属する点。しかし本体カラーは説明員いわく「匠感を出すために」ブラックのみとなります。


F値1.8・光学手ブレ補正対応の75度レンズ採用1600万画素カメラと、F値2.4・135度広角レンズ採用の800万画素カメラで構成されたデュアルカメラを搭載。レーザーオートフォーカスおよび自然な写りを実現するデュアルフラッシュも備えています。


側面などはこんな感じ。





なお、下り最大500Mbpsの通信サービスに対応するのは、スマホではV20 PRO L-01JとXperia XZ SO-01Jのみ。ドコモにおいてもプレミアムモデルという位置付けです。


デンマークのオーディオビジュアルメーカーB&O PLAYによるチューニングが施され、75段階の音量調整ができるだけでなく、32ビットQuad DAC搭載でノイズを50%低減。手持ちのイヤホンを高音質化できるという、なかなか興味深いアプローチを採用しています。


カメラ、映像、音楽で「匠クオリティ」を実現するのがV20 PRO L-01Jです。



・関連記事
デュアルカメラ&音楽も極めた「isai Beat LGV34」速攻レビュー、サブディスプレイで時計の常時表示も | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの2016年冬~2017年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7での強みは?国内最速・下り最大512Mbpsを実現するドコモがネットワークを解説 | BUZZAP!(バザップ!)

「20GB」で並ぶ携帯各社、速度制限や通信の最適化について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7はドコモの「下り最大512Mbps」やソフトバンクの「Massive MIMO」などの新技術に対応するのかをまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  3. auが月額900円で5GBと通話定額付きの「スマホスタートプラン」開始、Prime Student無料で1年経過後も割安な若者向け格安プランに
  4. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  5. 【追記】「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」登場、シャープが2022年秋冬モデルの最新スマホを発表

モバイルに関連した楽天商品ランキング