ドコモ専売&特殊仕様の「Xperia X Compact SO-02J」レビュー、Xperia XZのカメラ機能もおさらい



ドコモが2016年冬春モデル発表会で、独占販売となる「Xperia X Compact SO-02J」を発表したのでレビューをお届けします。詳細は以下から。

今まで同様、ドコモ専売となるXperia X Compact SO-02J本体。4.6インチHD(1280×720)トリルミナスディスプレイにSnapdragon 650(1.8GHz×2、1.2GHz×4)、3GB RAM/32GB ROM、510万画素フロントカメラを備えたAndroid 6.0スマホで、海外版と異なり防水・防塵に対応した独自仕様のモデルです。



背面には約2300万画素カメラ。なお、プロセッサなどの仕様は異なるものの、カメラはXperia XZと同じ最新のものを採用しています。





実際に触ってみましたが、レスポンスは上々と言ったところ。片手ですべての操作を完結できるため、小型スマホにこだわりのある人にとってはオススメの一品です。


カラーバリエーションは4色



発表会場では「Xperia XZ SO-01J」も展示されていました。


ロゴの配置は相変わらずです。



なお、Xperia XZおよびXperia X Compactはスマホ史上初となる5軸手ブレ補正に対応。


実際にオン(左)、オフ(右)の状態を比較してみたところ。手ブレにどれだけ強いかが一目で分かります。


さらにXperia XZおよびXperia X Compactはレーザーオートフォーカスに対応。


ちょうど2年前の機種となるXperia Z3(右)との比較。


暗い中でも高速にフォーカスが当たるため、シャッターチャンスを逃しません。


そして極めつけが「RGBC-IRセンサー」。光源を正しく認識して色調整を行う機能ですが、あえてセンサー部分を隠してみたところ、その差は顕著。




Xperia XZ、Xperia X Compactの高画質っぷりは、これらの技術が支えているわけです。

・関連記事
NTTドコモの2016年冬~2017年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7での強みは?国内最速・下り最大512Mbpsを実現するドコモがネットワークを解説 | BUZZAP!(バザップ!)

「20GB」で並ぶ携帯各社、速度制限や通信の最適化について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7はドコモの「下り最大512Mbps」やソフトバンクの「Massive MIMO」などの新技術に対応するのかをまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング