二酸化炭素からエタノールを極めて安価に常温で生成する方法を科学者らが偶然に発見

このエントリーをはてなブックマークに追加



二酸化炭素から簡単にエタノールを生成する方法が偶然に発見されました。地球温暖化対策の決め手になるでしょうか?詳細は以下から。

アメリカ合衆国エネルギー省の管轄下でテネシー大学とバテル記念研究所が運営するオークリッジ国立研究所は二酸化炭素からエタノールを簡単に生成する化学反応を発見しました。

研究者らは二酸化炭素を使い勝手のよい燃料に化学変化させる方法を発見しようとしていたところ、その最初のステップで二酸化炭素がエタノールに変化することを偶然に発見しました。

この技術はシリコンの表面にナノサイズの粒子状になった銅と窒素を加味した炭素を触媒として設置するもの。ここに1.2ボルトの電流を流したところ、触媒は水に溶解した二酸化炭素を63%という純度のエタノールへと変化させたのです。

この反応の優位な点は、銅と炭素という一般的で安価な物質を用いて二酸化炭素をエタノールという既に広く用いられている燃料に化学変化させるということ。また、メタンやエチレン、一酸化炭素などの副生物が極めて少ないということ。さらに最も注目すべき点はこの反応が常温で起こるということです。

これらの特色によって、この転換プロセスは産業レベルにまで大規模化することが可能とのこと。こうしてエタノールに転換された二酸化炭素を貯蔵することで、緊急時のエネルギー源として使用することができるようになります。

アメリカ合衆国では現時点で既にガソリンに10~15%のエタノールが混ぜられており、二酸化炭素の排出を抑制するだけでなく、二酸化炭素を積極的に燃料に変えてゆくことで、大気中の二酸化炭素濃度をコントロールできるようになるかもしれません。

動画での説明は以下から。

Nano-spike catalysts convert carbon dioxide directly into ethanol - YouTube


Scientists just accidentally discovered a process that turns CO2 directly into ethanol - ScienceAlert

・関連記事
大気中から二酸化炭素を直接取り除き、燃料にできてしまう夢のシステム | BUZZAP!(バザップ!)

二酸化炭素から安価に燃料を作り出すことが可能に | BUZZAP!(バザップ!)

話題の「2030年ミニ氷河期説」を研究当事者が「極小期は訪れるがミニ氷河期にはならない」と説明 | BUZZAP!(バザップ!)

常識を覆す「風車のない風力発電機」が登場、低コストで騒音や鳥との衝突事故も解消 | BUZZAP!(バザップ!)

世界最大のメガソーラー発電所が上空を飛ぶ鳥を焼き殺していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

地球温暖化はこの10年は一時停止しているが、止まったわけではないとの学説 | BUZZAP!(バザップ!)

太陽活動が低下中?小氷期の到来で何が起こるのか | BUZZAP!(バザップ!)

イギリスのエンジニアが空気と水から燃料を作り出す方法を開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加