任天堂NXこと「Nintendo Switch」、NVIDIAのカスタム版Tegraを搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加



ついに概要が発表された任天堂の「NX」こと「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。かねてからNVIDIAのTegraプロセッサが搭載されるのではないかと囁かれていましたが、その詳細が明らかになりました。

NVIDIAの公式ページによると、「Nintendo Switch」を開発するにあたり、任天堂はNVIDIAと共同開発を進めてきたそうです。

そしてNintendo SwitchにはカスタマイズされたTegraプロセッサが搭載されており、同プロセッサにはパソコン向けグラフィックカード「GeForce」と同じアーキテクチャのNVIDIA GPUが含まれているとのこと。

また、改良された物理演算エンジン、新しいライブラリ、高度なゲームツールやライブラリなど、フルカスタムのソフトウェアに加え、ハードウェアの性能を最大限に引き出せる新しいゲーミングAPI「NVN」を任天堂と共に開発。ハードウェア支援による映像再生や音響効果、レンダリング用のカスタムソフトウェアが、さらにゲームプレイを強化しています。

なお、パフォーマンスと効率を引き上げるため、オペレーティングシステムはGPUを有効利用するようにカスタマイズ。任天堂との共同開発において、NVIDIAは500人年ものリソースを注ぎ込んだとしています。

発熱への懸念やSnapdragonなどに対抗できないことからスマホから撤退し、タブレット市場でもNexus 7(2012)以外で奮わなかった揚げ句、NVIDIA自らがリリースした「SHIELD」も普及しなかったことから、厳しい戦いを強いられ続けてきたTegraシリーズ。

任天堂と組むことで、ようやく復権が叶うこととなりそうです。

NVIDIA の技術が任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」に採用されました | NVIDIA

・関連記事
【解説】任天堂NXの正式名称は「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」、スプラトゥーン2も | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂NXは秋ごろ量産開始、Tegra X1やカメラ搭載でポケモンGOもプレイ可能か | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂NXは単なる1枚の格安タブレットか、その正体を模索してみた | BUZZAP!(バザップ!)

「任天堂NXは2017年3月25日発売、価格は39999円」という釣りツイートが爆速拡散中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加