機種変更一括648円、ドコモの破格スマホ「MONO MO-01J」が12月9日発売



機種変更でも本体価格一括648円という、お財布に優しい破格のオリジナルスマホ「MONO MO-01J」がついに発売されます。詳細は以下から。

ドコモのプレスリリースによると、4.7インチHD(1280×720)液晶にSnapdragon 617(1.5GHz、クアッドコア)、2GB RAM/16GB ROM、490万画素前面カメラを備えたAndroid 6.0スマホ「MONO MO-01J」の発売日が2016年12月9日(金)に決定したそうです。


背面には広角1330万画素カメラを搭載。バッテリー容量は2440mAhです。


側面などは至ってシンプル。デザイン的にはXperiaのCompactシリーズに近い印象で、格安モデルにもかかわらず、IPX7/IP5Xの防水・防塵をサポートしている点は、キャリアスマホならではといったところでしょうか。






プロセッサにエントリースマホ向けとして提供されているSnapdragon 400番台ではなく、Snapdragon 617を採用したことで、かなり快適に動作。格安スマホ市場で人気の「arrows M03」などより処理性能が高いのがポイントです。


カメラはマニュアル撮影にも対応。安かろう悪かろうでは無いことが分かります。


使い勝手を損なわないよう、防水機能を含めて最低限必要なスペックを備えたMONO MO-01J。ハイレゾ音声にも対応しています。


なお、オンラインショップでの本体価格は機種変更・新規・MNPすべてにおいて一括648円。一定期間内にパケット定額を外したり機種変更したりすると高額な違約金が発生する「購入サポート」適用対象ではあるものの、縛り期間はわずか12ヶ月間(13ヶ月目から機種変更可能)。

端末サポート適用対象機種では毎月の利用料金が割り引かれる「月々サポート」が適用されませんが、月々サポートが減額される小容量プラン「シェアパック5」などでも損をすることなく利用できるため、スマホ初心者やライトユーザーに優しい機種であることはまず間違いありません。

・関連記事
ドコモが携帯電話の無償修理を有償に切り替えへ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがAndroid 7.0アップデート予定の機種を公開、Xperia Z4以降が対象に | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「iモードケータイ」の出荷終了 | BUZZAP!(バザップ!)

もはやUSBがボトルネック、下り最大682Mbpsの超高速通信に対応した「Wi-Fi STATION N-01J」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】性能十分で人気の「Alldocube iPlay 40H」値下げ、8GBメモリ搭載で動画もゲームも電子書籍もナビも楽しめる定番SIMフリー格安タブレット
  2. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に
  3. 超格安ハイエンドスマホ「moto S30 Pro」登場、わずか4万円で144Hz有機ELや5000万画素3眼カメラ、立体音響に超急速充電など充実の性能に
  4. povo 2.0が無料のデータトッピング配布へ、ただし「URL付きの偽メール」に要注意
  5. 大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング