ソフトバンクのiPhoneをそのまま使える格安SIM「b-mobile S」発売、ギガモンスター対抗の30GBプランも



SIMロックを解除することなくソフトバンクのiPhone、iPadを使えるようになる初の格安SIMが、いよいよ明日発売されます。詳細は以下から。

日本通信、ソフトバンクの格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を明日発売 | 日本通信株式会社

日本通信のプレスリリースによると、同社は明日3月22日からソフトバンクのSIMロックが施されたiPhone・iPadで通信できる格安SIM「b-mobile S」の第一弾「開幕SIM」を発売するそうです。

開幕SIMはソフトバンクのLTE回線でのデータ通信に対応したSIMで、iPhone 5以降およびWi-Fi+セルラーモデルのiPad/iPad 2/iPad(第3世代)/iPad(第3世代)、iPad Pro、iPad Air、iPad miniに対応しています。


ソフトバンクのグラフの作り方を強く意識したデザインの料金比較はこんな感じ。1GB、3GB、7GBプランに加えてギガモンスターに対抗した30GBプランもあり、月額880円~4980円で利用可能。オリジナルのプランと比較すると、78~40%割安になります。


なお、月額料金のほかにかかる費用は初期手数料のパッケージ料金3000円のみ。2年縛りなどはありません。

ついに中古市場で比較的安く売られているソフトバンク版iPhoneを有効活用する手段ができてしまったわけですが、通信サービス提供だけでなくSIMロック版iPhoneを使わせるよう、総務省を経由して圧力をかけてきた日本通信に顧客を奪われるような真似をソフトバンクが黙って見過ごすかどうかは気になるところ。

「ワイモバイルSIMでソフトバンクのSIMロック版iPhoneをそのまま使えるようにする」といった対抗策を打ち出す可能性はあるのでしょうか。

・次の記事
SIMロック版ソフトバンクiPhoneを使える初の格安SIM「b-mobile S」、AXGPは非対応に | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
格安スマホの通信速度開示へ、昼12時台の低速やスピードテスト詐欺改善に期待も | BUZZAP!(バザップ!)

熊本地震でソフトバンクの携帯電話復旧に大幅な遅れ、格安スマホのほうがつながる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

「スピードテスト詐欺はしていません」、UQ mobile版iPhone 5sで通信速度を測定してみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング