SSDやmicroSDは5~6月が買い時か、時期を逃すとフラッシュメモリは再び高騰へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



NANDフラッシュメモリの高騰を受け、SSDやmicroSDXCカードといった製品が値上がりを続ける中、ようやく「買い時」が見えてきました。この時期を逃すと、次はかなり先になりそうです。詳細は以下から。

USBメモリやメモリカード、SSDなどのコントローラーを手がける大手メーカー・Phison Electronics会長のKhein Seng Pua氏によると、ここ数ヶ月高騰が続くNANDフラッシュの価格が2017年第2四半期の後半(5~6月)に落ち着く可能性が高いそうです。

昨今のNANDフラッシュメモリの高騰はスマホメーカーなどからの旺盛な需要と、チップメーカーが製造ラインを大容量化が可能な「3D NAND」へとシフトする時期が重なったことによるものでしたが、移行が進めば価格は適正な水準に戻るとのこと。

3D NANDの比率は2017年第4四半期には全体の50%を超えるとみられるものの、新型iPhoneの製造ラインが本格的に稼働する第3四半期からは、フラッシュメモリは再び高騰に転じるとされています。

なお、現在フラッシュメモリの需給逼迫は深刻で、特に中国メーカーは128GBではなく96GBのSSDを宣伝せざるを得なくなったほか、4GBおよび8GBのeMMC不足に悩まされているとPua氏は指摘。

フラッシュメモリの価格が一段落するとされる5~6月は、メーカーにとっても個人にとっても狙い目となるかもしれません。

NAND flash prices likely to see correction in 2Q17, says Phison chairman

・関連記事
256GBの超大容量microSDXCカード、半年で1万円近い大幅値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

大容量USBメモリの偽物にトランセンドが注意喚起、メルカリやヤフオクに大量出品中 | BUZZAP!(バザップ!)

【注意】「8GBしか書き込めない」、サンディスクのmicroSDXCカード(128GB)に大量の偽物報告 | BUZZAP!(バザップ!)

2017年はスマホ部品が世界的に不足、本体値上げや弱小メーカー淘汰のおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加