LTEを使った固定電話「おうちのでんわ」をソフトバンクが提供へ、工事不要&電話番号そのままで月額500円に



「03」などの市外局番から始まる固定電話番号をそのまま使えて月額料金は500円から、そんなサービスをソフトバンクが開始します。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2017年7月5日から新しい一般家庭向け固定電話サービス「おうちのでんわ」を提供するそうです。

おうちのでんわ公式サイトによる解説。LTE回線を利用する専用の宅内機器「でんわユニット」と自宅の電話機を接続して利用する固定電話サービスで、自宅の固定電話番号(NTT東日本/NTT西日本が提供する加入電話またはISDN電話の新規契約時に取得した電話番号のみ)をそのまま利用可能に。


さらにソフトバンクやワイモバイルの携帯電話ないし「SoftBank Air」とセットで契約すると、通常980円の月額基本料金が500円になるセット割引「でんわまとめて割」も提供されるとのこと。


通話料金は固定電話宛なら全国一律3分7.99円、ソフトバンクの携帯電話宛なら24時間無料になります。


なお、おうちのでんわは警察(110番)・海上保安本部(118番)・消防(119番)への緊急通報も利用できる上、FAXの送受信なども可能。各種オプションサービスも利用できます。


でんわユニットは900MHz、2.1GHzのFDD-LTE対応で、「SoftBank Air」の専用機器「Airターミナル」から給電ができる仕様。重ねて設置もできます。

・関連記事
ソフトバンクが「VoLTE(HD+)」提供へ、EVSコーデック採用でさらに高音質化 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「SUPER FRIDAY」、今後は6・8・10月に開催へ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモとソフトバンクのセット割を総務省が調査へ、割引額縮小のおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング