光学2.3倍ズーム&デュアルカメラの「Zenfone Zoom S(ZE553KL)」国内発売へ、au回線にも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



ASUSがZenfone Zoomシリーズの最新モデルを国内発売することが明らかになりました。詳細は以下から。

これが6月23日(金)から発売される「Zenfone Zoom S(ZE553KL)」。割れにくいゴリラガラス5採用で高輝度(500nits)と広色域(NTSC100%)を実現した5.5インチフルHD(1920×1080)有機ELディスプレイにSnapdragon 625、4GB RAM/64GB ROMを備えたAndroid 6.0.1スマホ。ネイビーブラックとシルバーがラインナップされます。


Zenfone Zoom Sの特徴は何を言ってもまずカメラ。背面にソニーの「IMX362」を採用したF値1.7、焦点距離25mm(メインカメラ)および焦点距離59mm(ズームカメラ)のデュアルカメラ構成となっており、光学2.3倍、デジタル12倍ズームが可能に。

見たままの臨場感を約0.03秒の超高速で捉える、「TriTech+(トライテックプラス)オートフォーカス」と、4軸光学式手振れ補正(OIS)+3軸電子式手振れ補正(EIS)、周囲の明るさを測定するRGBセンサーなど、各種技術で見たままのより自然な色合いで、写真も動画もクリアに表現できる点もポイントです。

シャッタースピードやISO感度、色温度などの値を自在に設定できる「マニュアル撮影モード」や背景のボケにより被写体をより強調できる「ポートレートモード」、明暗差のある環境でも階調豊かに表現できる「HDR Proモード」など、豊富な撮影モードを搭載。RAWデータで保存することもできます。

また、ソニーのIMX214を採用したF2.0、1300万画素前面カメラを備えるなど、自分撮りも妥協しない一台に。さらに低音や高音などの幅広い音域をクリアに再生できる先進の5マグネットスピーカーによって、撮影した動画などを高音質で楽しむこともできます。

バッテリー容量は一般的なハイエンドスマホの1.7倍ほどにあたる5000mAh。別売りのOTGケーブルを使用すれば、外部のモバイル機器を充電するモバイルバッテリーとして使うこともでき、au VoLTE・デュアルSIMデュアルスタンバイ・キャリアアグリゲーション対応によってどのキャリアの回線でも高速かつ快適に利用可能。なお、本体価格は税抜5万4800円です。

標準でクリアケースが付属します。


さらに専用三脚「ASUS ZenTripod」も980円で同日発売。


専用バンパーケース(1980円)も同日発売で、ブラックとゴールドがラインナップされます。


・関連記事
2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦、HTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsなどを比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSがZenfone 3シリーズを最大1万円値下げ、Huawei P10 Lite対策か | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSが「有機EL搭載のフルスペックZenfone」開発か、Huaweiなどに対抗へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加