猿の脳に電気信号で情報を「直接インプット」する事に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加



脳コンピュータインターフェースの完成に一歩近づいたようです。

感覚器官に頼らずに脳に直接情報をインプットする。そして逆に脳が考えたことを直接アウトプットする。どちらも脳とコンピュータを繋ぐためには必須ですが、前者に大きな進展がありました。

アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター大学のMarc H. Schieber博士らはアカゲザルを使って脳に直接情報を送り込む実験に成功したとジャーナル「Neuron」に発表しました。Schieber博士はステートメントで

脳の研究者らは脳に情報をインプットするために体性感覚皮質や視覚皮質、聴覚皮質といった一時感覚の皮質を刺激する事に興味を覚えてきたが、被験体が認識できる経験を持たせるために感覚受容部位は不要である。


と述べています。彼らの実験では猿に4つのハンドルやノブ、ボタンを使った簡単なゲームをさせます。LEDライトの光った順番にそれらを操作してゆき、正しければ「報酬」が与えられます。

この実験の際に猿は4つの光の動きに合わせてそれぞれ前運動皮質の異なった部位に微弱な電気刺激を受けていました。脳のこの部位は動きに関する情報を計算し、正しい筋肉にシグナルを送る役割を果たしています。

このゲームでLEDライトが取り除かれた後も、猿は脳への適切な電気刺激を受けている限りにおいて正しい操作を続けることができました。これは電気ショックによる不随意の痙攣ではなく、電気刺激が情報をシミュレートしたため。


この実験自体非常に興味深いものですが、Schieber博士らはこの実験結果が脳コンピュータインターフェースや神経機能代替技術にも適用できるものと考えています。また、直近では病気や怪我などによって脳機能に障害を負った人に対しても応用できるとのこと。

今回の実験で用いられた手法を応用すれば、そうした障害を負った部位にバイパスを作り、電気刺激を用いて神経伝達経路を再構築できる可能性もあるとのことです。

まだまだ現時点では夢物語に聞えますが、先日BUZZAP!では脳からコンピュータへの直接アウトプットの実験について報じたばかり。今後どのような成果が上がるのか非常に興味深い分野です。お待ちかねの「電脳」は誕生するのでしょうか?

Scientists _Inject_ Thoughts And Information Directly Into A Monkey's Brain _ IFLScience

ブレイン‐マシン・インタフェース最前線―脳と機械をむすぶ革新技術
櫻井 芳雄 小池 康晴 鈴木 隆文 八木 透
工業調査会
売り上げランキング: 732,304

・関連記事
「電脳」が遂に誕生への一歩、人間の脳とインターネットの接続に世界で初めて成功 | BUZZAP!(バザップ!)

重症のALS患者、脳へのインプラント手術によって「考えるだけ」でコミュニケーション可能に | BUZZAP!(バザップ!)

神経系に直繋ぎして動作をコントロールし、触覚もフィードバックできる義肢が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

瞑想を実践する事で「脳の構造が物理的に変化する」ことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

腸内細菌が人間の脳と感情行動に影響を与えていることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

妊娠によって女性の脳神経が「再配線」されることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

宗教体験はセックスやドラッグと同じ脳の部位を活性化させる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加