「GPD WIN 2」正式発表、Core mに8GBメモリと128GB SSD(換装可)搭載で携帯型モンスターマシンに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ハンドヘルドPCとしてかなり完成度の高かった「GPD WIN」の後継機種が正式発表されました。詳細は以下から。

これがGPD公式アカウントによって公開されたGPD WIN 2本体。初代が5.5インチだったのに対し、視野角178度を実現した6インチのシャープ製インセルHD(1280×720)液晶や、初代比でシングルコア性能4倍、マルチコア性能2倍でCore i7-3770Kに匹敵する「Intel Core m3-7Y30」、8GB LPDDR3メモリ、128GBのM.2 2242タイプSSDを搭載しています。ぶっちゃけハンドヘルド機の性能ではありません……


底面ファンによって本体温度を39度程度に保つことができる上、SSD換装も可能。4900mAhのリチウムポリマーバッテリーを2つ備えていますが、PD 2.0によって30分で50%充電可能。バケモノのようです。


ボタン周りの配置が変更されたほか、USB Type-CおよびUSB 3.0端子、microSDカードスロット、microHDMI端子などを搭載。拡張性も相変わらず充実しています、


キーは少しレイアウトが変更。アルプス電気製のアナログスティックなど、こだわりは相変わらずです。


マグネシウム合金フレーム部分に使ったカバーによって耐落下性能も向上。


ゲーミングマシンとして完成された、ちょっと突き抜けた仕様のハンドヘルドPC。それがGPD WIN 2です。


なお、気になる発売時期は2018年1月。年明け早々、とんでもないマシンが来ます。

・関連記事
ポケットサイズの超小型ノート「GPD WIN」レビュー、ゲームも楽しめるまさに名機 | BUZZAP!(バザップ!)

MacBookライクな超小型ノート「GPD Pocket」レビュー、格安なのに高級感ある作り込まれたモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

まるでVAIO Uや工人舎ノート、モバイラーを虜にする超小型PC「GPD WIN」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. SSDやメモリが今後値下がりか、メーカー各社の在庫が山積みに
  2. 世界最小アクションカメラ「Insta360 GO」1万円台に大幅値下がり、20グラムの超軽量ボディにジンバル不要の手ぶれ補正や多彩な撮影機能搭載で国内最安値を大きく下回る
  3. ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます
  4. 【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中
  5. Core i5/8GB RAM/256GB SSD搭載で8万円、XiaomiのMacBook対抗「Mi Notebook Air 13」がすごい

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング