OnePlusシリーズ国内発売か、OPPOが日本の格安スマホ市場に参入へ



急成長を遂げている中国メーカー・Oppoが日本市場に参入します。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、このほどOppoが日本法人を設立し、2018年4月までに格安スマホ(MVNO)市場に向けて中価格帯の機種を投入する方針だそうです。

Oppoは自撮りを意識したモデルなど、若者向けの中価格帯スマホで強みを持つメーカーで、ドコモなどの大手通信会社への供給も目指しているとのこと。

なお、Oppoは最新モデル「OnePlus 5」シリーズで日本国内の主要周波数を含む3G(CDMA2000:BC0、W-CDMA:Band 1/2/4/5/8)、4G(FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66、TDD-LTE:Band 34/38/39/40/41)をカバー済み。


いつでも参入できるよう、準備を進めていた感のある同社ですが、ついに本格上陸となるようです。

・関連記事
【ベンチマーク比較】Xperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなど2017冬スマホの性能は? | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】Xperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなど2017冬スマホ、結局オススメなのは? | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】明暗激しいネオン街でXperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなど2017冬スマホの実力を試す | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】Xperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなどの2017冬スマホで夜景を撮ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

2017年冬モデルの「全画面スマホ」を並べて比較、デザインの違いが顕著に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング