ついにシャープがスマホ用有機ELパネル量産へ、新型「AQUOS R」に採用も



鴻海傘下で順調に経営再建が進むシャープが、日本勢としては初めてとなるスマホ向け有機ELパネルの量産をスタートさせます。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、シャープがスマホ向け有機ELパネルの量産準備を終えたことを同社CEO・Dai Jeng-wu氏が明かしたそうです。

量産準備は整ったものの、実際の生産スケジュールは顧客の製品発売スケジュールに沿う形となるため、まずは2018年第1四半期に量産を開始し、6~7月に自社製有機ELパネルを搭載したフラッグシップスマホを発売する計画とのこと。

なお、スマホ向け有機ELパネル市場は実質Samsungの独壇場でしたが、LGディスプレイがAppleへの第2のサプライヤーになることを目指しているほか、中国勢も続々参入する見通し。

このため一気に生産能力が需要を上回ることすら懸念され始めていますが、過当競争による液晶パネルの値崩れで血反吐を吐いていたシャープは、有機ELで巻き返すことができるのでしょうか。

・関連記事
有機ELで出遅れたジャパンディスプレイ、自社がまとめた「事業等のリスク」が当てはまりまくる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

JOLEDが世界初の印刷方式による4K有機ELパネルを製品化、製造コスト引き下げや大型化が容易に | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホのディスプレイが格段に進化した理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELパネル次第で製品化?Lenovoの折りたたみスマホ「Folio」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに独自開発の有機EL採用か、Appleが研究開発拠点を設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング