「HTC U12(HTC Imagine)」の性能がリーク、EVO 3D以来の背面デュアルカメラ仕様に

このエントリーをはてなブックマークに追加



今年投入されるフラッグシップスマホ「HTC U12」の正体が見えてきました。

かつて台湾メディアが報じていた4Kディスプレイは搭載されないものの、かなり順当といえる進化を遂げるようです。詳細は以下から。

確度の高いリーク情報で知られるEvan Blass氏が「True(真実)」と断言したツイートによると、HTC U12は以下のスペックとなるようです。

ディスプレイ:5.99インチQHD+(2880×1440)
プロセッサ:Snapdragon 845
RAM:最大6GB
ROM:最大256GB
背面カメラ:1200万画素+1600万画素(ソニーのIMX3xx採用)
前面カメラ:800万画素(HTC Face Unlock対応)
バッテリー:3420mAh
防水:IP68
OS:Android 8.0+Sence 10(Edge Sence 2.0採用)

さらにHTC U12ではOSとメーカーが独自に実装した各種ソフトウェアを分離し、OS部分をアップデートしやすくする「Project Treble」をフルサポート。シングルSIMおよびデュアルSIMバージョンがラインナップされる見通しです。

・関連記事
【改善希望】HTC U11に付属するかなり便利な「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホン(MAX320)」が一度壊れると買い直せない件 | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ事業本格見直しのLG、新開発ディスプレイとデザイン完全刷新の「Judy」で巻き返しへ | BUZZAP!(バザップ!)

「HTC U11」を発売日から使ってきて、どうしても改善して欲しいと思った不満点いろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加