USB PD対応でノートPCも急速充電できるモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」レビュー、充電器も付いたオールインワンパッケージに

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhoneを8回近く充電できる大容量(20100mAh)に加えて、USB PD(Power Delivery)対応でノートパソコンまで充電できてしまう、大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」のレビューをお届けします。

外で仕事することが多く、なかなか充電できる機会に恵まれない人でも安心の1台です。詳細は以下から。

◆大容量&USB PDで給充電可能&世界最軽量、なかなかすごい「Anker PowerCore Speed 20000 PD」
今回レビューを行うのはAnker PowerCore Speed 20000 PD。iPhone 8なら7.7回、2017年モデルのMacBookを1.2回、iPad Pro 10.5インチを1.7回フル充電できる大容量モデルです。


Anker PowerCore Speed 20000 PDの最大のアドバンテージはUSB PD(Power Delivery)」対応のノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末などであれば、最大24Wの大出力で充電することが可能というところ。

これだけなら単なる「高速にモバイル機器を充電できるUSB PD対応モバイルバッテリー」ですが、なんとモバイルバッテリー本体への充電もUSB PDをサポートしており、かなりの大容量にもかかわらず、付属のUSB Type-C急速充電器(USB PD対応)を用いれば4時間程度でフル充電できます。

ではさっそく開封の儀を執り行いましょう。箱は極めてコンパクトで、モバイルバッテリーとしてはかなりの軽さ。「20000mAhのUSB PD対応モバイルバッテリーとしては世界最軽量」とうたうだけあり、Buzzap!編集部で測定した本体重量は370グラムでした。


中身はこんな感じです。右側の青い中箱にケーブルや急速充電器が入っています。


さらに開封。バッテリー本体と急速充電器、そしてケーブルが2本です。


Anker PowerCore Speed 20000 PD本体。USB PDに対応したUSB Type-C(機器への給電、モバイルバッテリー本体の充電兼用)端子とUSB端子がひとつずつ。なお、USB端子では接続した機器を自動判別し、最適な電圧で急速充電できる「PowerIQ」をサポートしています。


こちらが付属の急速充電器。差し込み口はUSB Type-C端子ひとつだけなので要注意です。


ケーブルの1本は両端がUSB Type-C端子のもの。急速充電器からバッテリー本体を充電する時にも使います。


そしてもう1本は一般的なAndroidスマホやタブレットなどを充電する際に活躍するUSB端子とmicroUSB端子のケーブル。Type-C端子のみとなっている付属の急速充電器では使えず、あくまでモバイルバッテリーからの充電用です。


◆これ1つでUSB PD機器の充電環境が整うオールインワンパッケージ
それではさっそくAnker PowerCore Speed 20000 PDを試していきたいところですが、まず目に付いたのが、付属の急速充電器が、USB Type-Cでの充電に対応したパソコンの電源アダプタとして普通に使える点。「海外のPCを買ってみたけどアダプタが日本仕様じゃなくて不便」という人にも、かなり快適なソリューションと言えます。


外出する時などはAnker PowerCore Speed 20000 PDとUSB Type-Cケーブルを持って行けば強い味方に。以前レビューをお届けした破格のキーボード付き高性能2in1タブレット「Teclast F6 Pro(Tbook)」は4時間ほどでフル充電でき、残量にも若干の余裕がありました。


もちろんUSB端子にmicroUSBケーブルを挿せばAndroidスマホやタブレット、モバイルルーターなどを充電できる上、ライトニングケーブルでiPhoneなども充電できます。


モバイルバッテリー本体もUSB PDですぐに充電できるのはかなり便利。実際に4時間ほどでフル充電できました。


Anker PowerCore Speed 20000 PDの強みはバッテリー本体と急速充電器の合わせ技で柔軟な使い方ができること。出張時にカフェやホテルの部屋などで快適に使えることはもちろん、隙間時間でバッテリー本体も充電できるため、PCやタブレット、スマホの電池切れに悩まされることはほぼ無くなるのではないでしょうか。

なお、Amazon.co.jpでのAnker PowerCore Speed 20000 PDの本体価格はUSB PDに対応した大容量モバイルバッテリーと急速充電器のセットとして考えれば、かなりリーズナブルな7999円。

Anker PowerCore Speed 20000 PD (最軽量 Power Delivery対応 20100mAh モバイルバッテリー)【USB-C急速充電器付属】 | Amazon.co.jp


100Wh以下であるため、航空機への持ち込み制限もクリアできることから、外回りが多いビジネスマンやノマドワーカー、旅行好きの人などにオススメしたい1台です。

・次の記事
京都のカフェでタブレットの使い勝手を試しつつ、「Anker PowerCore Speed 20000 PD」で充電してみました。

【有頂天家族の聖地】極薄高性能で安価なタブレット「Teclast F6 Pro」を春を迎えた京都でスタイリッシュに使ってみました | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
発売早々大人気のQi対応ワイヤレス充電器「Anker PowerPort Wireless 5 Stand」レビュー、スタンド型で動画を見ながら充電も | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone X/8ユーザー必見の「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」速攻レビュー、安価でコンパクトな新型ワイヤレス充電器に | BUZZAP!(バザップ!)

売り上げ1位の大人気モデルが正統進化した「Anker PowerCore II 10000/20000」レビュー、PowerIQ 2.0でスマホも本体も急速充電可能に | BUZZAP!(バザップ!)

薄くなった「Anker PowerCore II Slim 10000」速攻レビュー、PowerIQ 2.0でスマホもバッテリー本体も急速充電可能に | BUZZAP!(バザップ!)

AirPods対抗の「Liberty+」をAnkerが発売、新ブランド・Zolo立ち上げやスマートスピーカー発売で「Anker 3.0」に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加