XiaomiがSamsungのお膝元・韓国に殴り込み、日本市場に参入の可能性も



Xiaomiが"Samsung王国"こと韓国に殴り込みをかけました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国のスマホメーカー・Xiaomiが韓国市場に自社スマホを投入したそうです。

投入したのは5.99インチフルHD+液晶にSnapdragon 636、4GB RAM、AIを用いた撮影機能を備えた「Xiaomi Redmi Note 5」。300ドル以下の格安スマホ市場を狙い撃ちしたモデルです。


なお、韓国の携帯電話市場は非常に特殊で、55%のシェアをSamsung、28.3%をApple、15.7%をLG電子が押さえており、3社のシェアは実に99%に。他のメーカーの入り込むすき間が一切ない状況となっています。

しかしXiaomiは参入にあたって現地キャリア・SK Telecom、Korea Telecomと協力。自社ショップを展開することも検討するなど、Samsungの牙城を崩すために本腰を入れるとみられています。

ちなみにXiaomi参入の可能性は日本市場も決して他人事ではなく、KDDIが2018年夏モデル向けアクセサリーにXiaomi製イヤホンを採用。

あくまでイヤホンの採用がスマホの導入につながるわけではないとしつつも、KDDIは「お客様の動向を見て(スマホの導入を)検討していく」と表明しているのが現状です。

また、「Xiaomi Mi Mix 2s」などのハイエンドスマホでドコモやKDDIの周波数帯もカバーされるなど、準備が着々と進んでいる感もあるため、キャリアとメーカーの交渉次第では、Xiaomiが韓国に続いて日本市場参入を果たす可能性もあります。

・関連記事
au、Xiaomiスマホ導入を検討中 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone Xを徹底的にこきおろしたフルスペックスマホ「Xiaomi Mi Mix 2s」値下がり、「OnePlus 6」も | BUZZAP!(バザップ!)

Xiaomi監修の格安ゲーミングスマホ「Black Shark(ブラックシャーク)」値下がり、水冷機構・専用チップ採用でサイバー感ほとばしる1台に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング