UQ mobileがワイモバイル対抗でデータ3倍に、「データ特盛キャンペーン」も実施



9月から毎月利用できるデータ量を3倍に引き上げることを表明したワイモバイルに、UQ mobileも対抗します。詳細は以下から。

UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は2018年12月1日から月額料金そのままで「おしゃべり」「ぴったりプラン」の基本データ通信量を2倍(1GB→2GB、3GB→6GB、7GB→14GB)へと引き上げるそうです。

さらに9月1日から「データ増量キャンペーン」や「増量オプション」契約中、あるいは新規ユーザーに対して、12月から適用される基本データ容量と同等のデータ容量を付与する「データ特盛キャンペーン」も実施。

これにより今までと同じ料金で1GBの「プランS」は3GB、3GBの「プランM」は9GB……といった風に、データ量が3倍になります。


今月以降の利用できるデータ通信量の推移を分かりやすくするとこんな感じ。もちろん料金は変わりません。


データ量を使い切っても300Kbpsで通信し放題の「節約モード」を使えるところがUQ mobileの強み。余ったデータの翌月繰り越しもできます。


料金そのまま データ特盛!|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

・関連記事
【提案】UQ mobileやワイモバイルはそろそろハイエンドスマホを扱うべきでないか | BUZZAP!(バザップ!)

たぶんMVNO初、UQ mobileが同性パートナーにも「家族割」を提供していた | BUZZAP!(バザップ!)

無料で格安スマホを試せる「TRY UQ mobile」に最新機種「Huawei P20 lite」追加、プレゼント企画も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】性能十分で人気の「Alldocube iPlay 40H」値下げ、8GBメモリ搭載で動画もゲームも電子書籍もナビも楽しめる定番SIMフリー格安タブレット
  2. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に
  3. 超格安ハイエンドスマホ「moto S30 Pro」登場、わずか4万円で144Hz有機ELや5000万画素3眼カメラ、立体音響に超急速充電など充実の性能に
  4. povo 2.0が無料のデータトッピング配布へ、ただし「URL付きの偽メール」に要注意
  5. 大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング