たぶんMVNO初、UQ mobileが同性パートナーにも「家族割」を提供していた

このエントリーをはてなブックマークに追加



同性カップルに対して家族割を提供する流れが、MVNOにも波及しています。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、UQ mobileの家族割に関するページ。同社の家族割は子回線契約者の月額基本料金が毎月500円(2年間で1万2000円)割り引かれるというものです。

UQ家族割|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ


家族割が適用される条件。同性パートナーシップを証明する書類を提示しても家族割が適用されます。


「一体いつから家族割が適用されていたのだろう」と思っていると、UQコミュニケーションズのCSRページにその答えが。

ダイバーシティ推進の取り組み|【公式】UQコミュニケーションズ


同社はダイバーシティ推進の取り組みとして、働き方の見直しや育児・介護支援、障害者雇用などを手がけていますが……


LGBTへの配慮として、2017年6月から同性パートナーに対して家族割を提供しています。実に1年前から行われている取り組みです。


総務省の強力な後押しで一気に700以上の事業者が参入してしまったため、UQ mobileが同性パートナーに家族割を提供する唯一のMVNOかどうかを確定するのは至難の業。

しかしBuzzap!編集部で軽く調べてみても、「楽天モバイル」「mineo」「IIJmio」といった大手を含め、同性パートナー向けに家族割を提供しているMVNOが見当たらなかったことを考えると、おそらくUQ mobileが初とみられます。

複数回線割引・家族割引・パケットギフト | mineo(マイネオ)


7月に人口272万人を抱える大阪市が導入し、名古屋市も続く可能性が浮上したことで、1000万人近い人口をカバーする可能性が見えてきた同性パートナーシップ制度。

この流れにいち早く乗ったUQの取り組みは評価されるべきだと思われます。

・関連記事
無料で格安スマホを試せる「TRY UQ mobile」に最新機種「Huawei P20 lite」追加、プレゼント企画も | BUZZAP!(バザップ!)

月額なんと302円、えげつないコスパの「Huawei P10 lite」処分セールをUQ mobileが継続中 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪市の同性パートナーシップ制度が国内最大規模に、名古屋市も導入を検討 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ版「Huawei P20 lite」追加レビュー、バランス抜群の格安スマホを高速回線でどうぞ | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileが高画質カメラの「OPPO R11s」格安販売中、マンスリー割なども適用可能 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileが「auかんたん決済」導入、各種コンテンツ代金を月額料金とまとめて支払い可能に | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobile新機種「Huawei P20 lite」速攻レビュー、au版やnova 2/nova lite 2/P10 liteとの違いを比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加