「Anker PowerCore Fusion 10000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが大容量化

このエントリーをはてなブックマークに追加



モバイルバッテリーと充電器が一体になった便利さから、高い人気を得ているAnkerの「PowerCore Fusion」シリーズが進化しました。詳細は以下から。

「Anker PowerCore Fusion 10000」本体。バッテリー容量が5000mAhから10000mAhへと大容量化し、USB Type-C(5V/3A)およびA(5V/2.4A)ポートを採用。同時使用の場合、2ポート合計で15W出力できます。




バッテリー残量は8段階でチェックできます。


プラグ部分は折りたたみ式。



手に持ってみたところ。




前モデルと並べてみたところ。本体サイズは約80mm×76mm×45mm、約235グラム(前モデルは約72mm×70mm×31mm、約189グラム)とやや大きくなりました。


しかし充電器を別途持ち歩かずに済むことを考えればむしろコンパクトなほう。何一つ犠牲にすることなく、正統進化を遂げました。




ちなみに発売は2019年第1四半期を予定しており、価格は税込み4999円。カバンに1つ入れておくだけで充電環境が揃ってしまう、非常に心強いアイテムです。

・関連記事
「Anker Power conference '18 Autumn」まとめ、新型モバイルバッテリーや超小型充電器など新製品がめじろ押しに | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】USB PD対応の新世代充電器「Anker PowerPort Atom PD1」登場、「窒化ガリウム(GaN)」で超小型化に成功 | BUZZAP!(バザップ!)

「災害時を踏まえたモバイルバッテリーの選び方」を実際に停電して思い知りました | BUZZAP!(バザップ!)

スイッチをガンガン充電できる任天堂公認の「Anker PowerCore 13400 Nintedo Switch Edition」レビュー、イカやポケモンのお供にどうぞ | BUZZAP!(バザップ!)

Anker「Soundcore Liberty Lite」レビュー、防水機能付きの安価な完全ワイヤレスイヤホンに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加