Anker「Soundcore Liberty Lite」レビュー、防水機能付きの安価な完全ワイヤレスイヤホンに

このエントリーをはてなブックマークに追加



連日の酷暑。夜になっても気温が下がらず、健康のためにランニングやトレーニングを欠かさない人にとっては、とにかく滴る汗に困らされるわけですが、汗だくになっても使える便利な完全ワイヤレスイヤホンがお手ごろ価格で発売されるので、さっそくレビューをお届けします。詳細は以下から。

◆あのAnkerから安価な完全ワイヤレスイヤホン発売
これが「Soundcore Liberty Lite」の外箱。なお、「Soundcore」はモバイルバッテリーでおなじみのAnkerによるオーディオブランド。この夏から正式に「Soundcore」シリーズとして音響製品がラインナップされます。


Soundcore Liberty Liteの売りは運動時の汗や雨もカバーできるIPX5防水・防汗性能や装用感の良さ、Bluetooth 5.0対応、ケースからイヤホンを取り出すだけで自動的に電源が入り、ペアリングも完了するPUSH AND GO機能など。最新性能をお手ごろ価格で楽しめる廉価版です。



それではさっそく中身をチェック。Soundcore Liberty Lite本体(左右イヤホン、ケース)、microUSBケーブル、イヤーチップおよびイヤーウィング(いずれもXS、S、M、L)などが入っていました。



使い方はいたって簡単。イヤホンは充電ケースから取り出せば自動で電源オン、戻すと電源オフになり、電源オンの状態でスマホとのペアリングが可能に。なお、左右のペアリングは自動で行われます。



詳細は仕様はこんな感じ。充電時間は1.5時間、再生可能時間は3.5時間。充電ケースを組み合わせれば12時間駆動する仕組みです。


充電ケースに入ったSoundcore Liberty Lite本体。


Soundcore Liberty Lite本体。シリーズ最軽量となる12グラムのボディで、耳に負担をかけずにワイヤレスサウンドを楽しめるだけでなく、グラフェン採用ドライバーによる伸びの良い没入感あるサウンドを実現しています。


左右両方にある「soundcore」と書かれたボタンはマルチファンクションボタンで、音楽再生中に一度押せば再生/一時停止、右側を1秒長押しすれば曲送り、左側なら曲戻し。電話中は一度押せば通話/終話、1秒長押しで着信拒否……など、最低限の操作を覚えておくと便利かもしれません。


ケース自体にもバッテリーが搭載されており、Soundcore Liberty Liteを格納するだけで自動で充電が開始されます。



充電しているところ。LEDランプが点灯しています。


実際にスマホとペアリングしてみました。


◆装用感と携帯性に満足、完全ワイヤレスイヤホン初心者にオススメしたい1台
・装用感
使用感をレポートするため、Buzzap!編集部員がSoundcore Liberty Liteを着けてみたところ、まず気付いたのが装用感の良さ。耳の少し深めのところにしっかり密着して入る形状(イヤーチップで調整可能)のため、イヤホンと耳の間に変なすき間ができるようなことはありません。

おかげでヘッドバンキングしようが頭をブンブン振ろうが耳から外れそうになることは一切なく、一般的な有線のイヤホンにありがちな「頭を動かすとケーブルが首に引っかかり、イヤホンが微妙にズレたせいで聞こえ方が急に変わって興が削がれる」といった心配はありません。それでいてとにかく軽いため、耳自体に負担がかからない点も素直に褒めたいところです。

・携帯性
続いては携帯性。例えば外出先で有線のイヤホンを使って音楽を聴く場合、断線しないか気にしつつ、いちいちケーブルをまとめてカバンにしまうなどする必要があったわけですが、Soundcore Liberty Liteは耳から外して充電ケースに入れるだけ。


ケースに入れるとBluetooth接続も自動的にカットされるため、わざわざ本体のボタンを操作したりする必要もありません。おまけにケースに入れておけば充電されるため、バッテリー駆動時間(3.5時間)を気にすることも特にありませんでした。

Soundcore Liberty Liteはケースの小ささも魅力。軽装になりがちな夏場でも安心して使えます。


・音質、接続性など
Bluetoothイヤホンという製品の特性上、ポータブルアンプと有線イヤホンの組み合わせほど音質は良くはありません。

しかし耳に密着するような装用感と、重低音でも破綻せずに鳴るグラフェン採用ドライバーによって、周りの音を遮断しながらしっかりと音楽を聴かせてくれるため、街中でも雑音の影響を受けにくく、没入感ある音楽再生環境を提供してくれました。

さらにあの有線イヤホンにある「ケーブルがものに引っかかって引っぱられた時に聞こえてくる音(&耳穴が引っぱられる感覚)」が解消されるだけでもかなり快適。音量も十分で「クサクサした気分なので大きい音で聴きたい」といったニーズにも応えられます。

ちなみに完全ワイヤレスイヤホンの弱点である「Bluetooth接続の不安定さ」も特に問題はなし。音飛びが皆無というほどではないにせよ、十分使い物になるレベルで、とりわけ完全ワイヤレスイヤホン初心者にオススメしたい1台です。

なお、Soundcore Liberty Liteは2018年7月16日(月)12:00からAmazon.co.jpで開催される、年に一度のビッグセール「プライムデー」において先行販売。気になる本体価格は税込5999円となっています。

Amazon | Soundcore Liberty Lite(Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン by Anker)【最大12時間の音楽再生/Siri対応/グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵/IPX5防水規格】プライムデー先行販売 | イヤホン・ヘッドホン オンライン通販

・関連記事
任天堂公認のスイッチ用モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13400 Nintedo Switch Edition」レビュー、イカやポケモンのお供にどうぞ | BUZZAP!(バザップ!)

Anker全面サポートの新型過熱式たばこ「jouz(ジョウズ)」速攻レビュー、連続で吸えるiQOS対応モデルに | BUZZAP!(バザップ!)

USB PD対応でノートPCも急速充電できるモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」レビュー、充電器も付いたオールインワンパッケージに | BUZZAP!(バザップ!)

【速報・限定割引】安価な本格NCヘッドホン「Soundcore Space NC」など3機種をAnker新ブランド「Soundcore」が発売 | BUZZAP!(バザップ!)

5年で急成長したAnkerがサウンド事業に注力、ブランド名を「SoundCore」に統一し怒濤の新製品ラッシュへ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加