ファーウェイ、猛烈な逆風にもかかわらず2019年にスマホ出荷台数25%増加へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



北米市場から締め出され、アメリカによる包囲網が構築されているはずのHuawei。

はっきり言って逆境下にあるわけですが、それでも出荷台数を伸ばすようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国のスマホ市場の需要鈍化と不透明な世界的見通しを受け、2019年の中国メーカーは明暗が分かれることになるようです。

具体的には海外進出がさほど進んでいないOppo・Vivoは、国内需要の減速で出荷台数が大幅に伸びない見通し。

一方でインドや新興市場の開拓が進んでいるHuaweiとXiaomiは引き続き好調で、Huaweiは2018年比25%増の2億台、Xiaomiは1億5000万台にまで出荷台数を伸ばすとされています。

なお、HuaweiとXiaomiの出荷台数が伸びることで、台湾の部品メーカー各社の収益は増加するとのこと。Huaweiを大口顧客にしている日本メーカー各社も、出荷台数が伸びればその恩恵を受けることができそうです。

・関連記事
ファーウェイついに法的措置へ、「分解したら余計なもの」「スパイウェアのような挙動」の発信源・フジが速攻で逃亡 | BUZZAP!(バザップ!)

「余計なものが見つかった」報道をHuaweiが「まったくの事実無根」と反論、排除で日本メーカーに打撃も | BUZZAP!(バザップ!)

Huawei排除問題記事まとめ、「余計なもの」は本当にあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加