最新スマホ「Xiaomi Mi Mix 3」や「OnePlus 6」値下がり、高画質有機ELや2眼カメラ搭載でドコモ/au/ソフトバンク回線対応も

このエントリーをはてなブックマークに追加



10万円超えのハイエンドスマホ「OPPO Find X」と真っ正面からガチンコでぶつかる最新スマホ「Xiaomi Mi Mix 3」が、半額以下というコストパフォーマンスの高さで競合を圧倒しています。詳細は以下から。

◆Xiaomi Mi Mix 3
これが「Xiaomi Mi Mix 3」。コントラスト比60000:1、NTSC比103.8%、明るさ最大600nitの19:5.9美麗フルHD+(2340×1080)有機ELディスプレイやSnapdragon 845を採用した最新Androidスマホです。


本体下部のベゼルも極限まで薄くし、前モデル「Mi Mix 2s」との差を見せつけています。


そんなMi Mix 3最大のギミックが隠れたフロントカメラ。


ネオジム磁石を使ったスライド機構により必要な時にだけフロントカメラが出てくる仕組みで、「OPPO Find X」とほぼ同じコンセプトに。スライド機構は30万回の駆動実験に耐えました。


ソニーの「IMX576」を使った2400万画素フロントカメラ。4つの画素を1つにまとめ、より光を取り込みやすくするクアッドベイヤー技術を採用したスーパーピクセルによって、暗所撮影時はピクセルサイズ1.8マイクロメートルを実現。被写界深度用の200万画素サブフロントカメラと組み合わせることで、昼でも夜でもボケ感ある、きれいな自分撮りを楽しめます。


高画質なフロントカメラを実装しようとするとモジュールやレンズが大きくなるため画面占有率が下がり、その打開策としてノッチが採用されているわけですが、スライド機構を採用したことで「美しい自分撮り」「画面占有率93.4%」「ノッチなし」を実現したのがXiaomi Mi Mix 3です。


もちろん背面カメラにもこだわり。光学手ブレ補正(4軸)に対応した1200万画素の広角(F1.8、ピクセルサイズ1.4マイクロメートル)+光学2倍ズーム(F2.4、ピクセルサイズ1.0マイクロメートル)カメラを搭載しており、DXOMarkのスコア108を実現しています。


「Mi Mix 2s」「Mi 8」と同じカメラモジュールを採用したにもかかわらず、スコアをどんどん引き上げることに成功した背景として、チューニングやアルゴリズムの最適化などが挙げられています。


960fpsのスローモーション動画撮影にも対応。


圧倒的な画面占有率を実現しつつ前面、背面両方のカメラにこだわった1台。それがXiaomi Mi Mix 3です。


3200mAhバッテリーを備え、USB PDとの互換性があるQC4.0+をサポートしたほか、10Wの高速ワイヤレス充電にも対応。


ワイヤレス充電器が本体に付属します。


なお、今回値下がりしたのはグローバル版で、技適マークの問題があるものの大手3社すべての主要周波数帯に対応。

3G(W-CDMA:B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B9/B19、CDMA2000: EVDO BC0/BC1/BC6/BC10)
4G(FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B29/B30/B66、TD-LTE B34/B38/B39/B40/B41 2496MHz-2690MHz)

現在通販サイト「geekbuying.com」では6GB RAM/128GB ROMモデルがクーポン「VQLSGVUR」適用で5万8591円に。同じスペックで10万円を優に超えるOPPO Find Xの実に半額という、抜群のコストパフォーマンスを実現しています。

Global Version Xiaomi Mi Mix 3 6.39 Inch 6GB 128GB Smartphone Black


◆OnePlus 6
続いては「OnePlus 6」。sRGB/DCI-P3をサポートした19:9の6.28インチフルHD+(2280×1080)有機ELディスプレイ(ゴリラガラス5採用)を備えています。


「Adaptive Mode」「Reading Mode」「Night Mode」など、用途に応じて表示を変えることもできるディスプレイ。ノッチ部分(他のノッチスマホのように隠せます)にはソニーの「IMX371(1600万画素、F2.0、ピクセルサイズ1.0マイクロメートル)」採用フロントカメラを搭載。


クアルコムの最新プロセッサ・Snapdragon 845に6~8GB RAM/64GB~128GB ROMを備えたフルスペックモデル。3Dゲームもグリグリ動きます。


背面カメラはソニーの「IMX519(1600万画素、F1.7、ピクセルサイズ1.22マイクロメートル、光学式/電子式手ブレ補正対応)」と「IMX376K(2000万画素、F1.7、ピクセルサイズ1.0マイクロメートル)」のデュアルカメラ構成。Huaweiのハイエンドモデルのように2つのカメラを使ってボケや画質の向上を図るアプローチのため、ズームなどはありません。


バッテリーは3300mAh。5V/4Aの超急速充電をサポートしています。


生活防水にも対応しました。


改めて見ておきたいのが対応バンドの多さ。技適マークの問題があるもののドコモ/au/ソフトバンクの3Gはもちろん、建物の中でもつながりやすいプラチナバンドのLTEやWiMAX 2+、AXGPといった高速通信サービスを利用可能。「このまま各キャリアから発売できるのでは」と思えるほど充実しています。


IEEE802.11 a/b/g/n/ac対応無線LANやaptX HDまでサポートしたBluetooth 5.0、NFCなどにも対応。どこにも隙がありません。


サイトにログイン後、クーポンコード「MCKJXPSG」を適用すると、8GB RAM/128GB ROMモデルが4万7549円にまで値下がりします。

Oneplus 6 6.28 Inch 8GB 128GB Smartphone Mirror Black


発色が良くきれいな有機ELディスプレイに高性能プロセッサ、高画質カメラを備えて、携帯3社の主要ネットワークにフル対応……という、申し分ない性能の2機種。

格安スマホ感覚で使えるフルスペックスマホ」という、なんともうれしい選択肢が提示されています。
・関連記事
GPD Pocket 2を下した「One Mix 2s」レビュー、人気の超コンパクトノートが正統進化 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Pocophone F1」3万円ちょいに、「Snapdragon 845搭載の格安スマホ」爆誕 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi8」再び3万円台に、スナドラ845+有機EL+高画質2眼カメラの格安スマホ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング