1TBスマホが当たり前に?Samsungが新型eUFSフラッシュメモリ開発

このエントリーをはてなブックマークに追加



microSDXCカードなどの力を借りることなく、1TBの超大容量を実現したスマホが今年お目見えします。詳細は以下から。

Samsungのプレスリリースによると、同社は新たに組み込み向けユニバーサルフラッシュストレージ「eUFS」の1TBモデルを開発したそうです。


同社初のUFSフラッシュメモリは128GBでしたが、4年を経て容量はおよそ8倍に。Samsungが誇る最新の第5世代16層512Gb V-NANDと独自仕様を組み合わせることで、10分の4K(3840×2160)動画を260本保存できるように。

なお、新たに開発された1TBのeUFSは毎秒最大1000MB/58000 IOPSの読み込み速度、毎秒最大260MB/50000 IOPSの書き込み速度を実現。

一般的なmicroSDカードの実に10倍という圧倒的な転送速度で、スマホやタブレット以外にプレミアムモデルのモバイルノートなどでの活用も視野に入っています。

・関連記事
最新スマホ「Xiaomi Mi Mix 3」や「OnePlus 6」値下がり、高画質有機ELや2眼カメラ搭載でドコモ/au/ソフトバンク回線対応も | BUZZAP!(バザップ!)

大容量格安SSD「Samsung 860 QVO」発売へ、1~4TBまでラインナップ | BUZZAP!(バザップ!)

【朗報】メモリ・SSDは今後も値下がり、DRAMやフラッシュメモリが2019年に急落へ | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Pocophone F1」3万円ちょいに、「Snapdragon 845搭載の格安スマホ」爆誕 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加