光学10倍カメラや5G、AI、超高精細ディスプレイも、スマホのハードウェア進化をHuaweiやXiaomiなど中国勢が牽引へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



「安かろう悪かろう」の時代は過ぎ去り、今や世界最高画質のカメラやスライド機構、画面内指紋認証、AIを使った画像補正など、最新技術を積極的に取り込むようになった中国のスマホメーカー。

差別化のためとはいえ、その進化のスピードには目を見張るものがありますが、2019年はその姿勢がより顕著になるようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国メーカー各社が世界規模での販売拡大を目指すべく、スマホのハードウェアを進化させる努力をひたすら続けているそうです。

具体的にはカメラのレンズ、ディスプレイ解像度、バイオメトリック識別技術、メモリ容量に注力しているほか、AI、5Gを使ったアプリケーション分野についても積極的に研究開発を進めているとのこと。

Huaweiは先日「Balong 5000」と呼ばれる5Gモデムチップセットを採用した初の商用5Gデバイス「Huawei 5G CPE Pro」を発表し、今月開催の「MWC 2019」では初の折りたたみ5Gスマホを発表する予定。

さらにXiaomiも新しいスマホに「AIoT(AI+IoT)」アプリケーションを採用することに注力しており、MWC 2019で初の5Gスマホを発表すると予想されています。

また、OppoもMWC 2019でスマホ向け10倍ハイブリッド光学ズーム技術および商用化のメドを発表する見込みで、Vivoは先ごろ「Apex 2019」と名付けたSnapdragon 855/12GB RAM/512GB ROM搭載のプロトタイプ5Gスマホを発表しています。

不振にあえぐソニーやHTC、LGなどのスマホメーカーを尻目に圧倒的なスケールメリットを生かし、最新技術を競争力のある価格で実用化にこぎつける中国メーカー。

7年前にBuzzap!で「携帯電話も薄型テレビと同じ道をたどることになる」と懸念しましたが、その通りになってしまいました。

・関連記事
「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

【2018冬スマホカメラ比較 夜景編1】Huawei Mate 20 Pro、iPhone XS、Pixel 3、Galaxy Note 9、Xperia XZ3、Xiaomi Mi Mix 2sで撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

Appleがジャパンディスプレイ切り捨てか、中国から出資受け入れでiPhoneの液晶を台湾製に切り替えへ | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】見逃せないHuaweiやZTEの隆盛、崖っぷちに追い詰められる日本の携帯電話メーカーに生存戦略はあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  3. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  4. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  5. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました

モバイルに関連した楽天商品ランキング