通話相手の声を自動で文字にする「みえる電話」をドコモが提供へ、耳が聞こえづらい利用者が「夢のようなサービス」と絶賛



耳が聞こえづらいユーザーに向けて、ドコモが画期的なアプローチを提供することになりました。

Android/iPhone両対応でらくらくホンなどの機種を契約する必要もないため、導入のハードルが低いのが特徴です。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2019年3月1日(金)から通話相手の発話内容を画面上に文字で表示するAndroid/iPhone向けアプリ「みえる電話」を提供するそうです。

「みえる電話」はスマホ上にリアルタイムで文字表示された内容を確認しながら通話を行うことができるというもので、耳の聞こえづらいユーザーが安心して電話を利用可能。


利用イメージはこんな感じ。ドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行うため、通話相手がアプリを準備しておく必要もありません。


なお、みえる電話のトライアルサービスは2016年10月から2000人を対象に行われており、「ずっと待ち望んでいた夢のようなサービス」「自分ひとりで24時間いつでも電話ができるので助かる」といった反響があったとのこと。

その上でユーザーからの要望が多かった点などを踏まえ、より自然に利用できるようになっています。

・関連記事
携帯各社の分離プラン夏にも義務化へ、MNPでの端末大幅割引は春商戦がラストチャンスに | BUZZAP!(バザップ!)

2019年版「ドコモの学割」開始へ、1年間1500円割引&dポイント配布もdocomo with重複適用不可 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】「iPhone XR」発売1ヶ月で大手3社が値下げへ、生産終了したiPhone Xまで復活するグダグダの事態に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング