「Xiaomi Mi9」大ヒットでHTCやASUSが窮地、同じ土俵にすら上がれない状況に

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本でもなじみ深かった台湾のスマホメーカーが窮地に立たされています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、3月に発売された「Xiaomi Mi9」が100万台を売り上げる大ヒットを記録したそうです。

Xiaomiはオンライン、オフライン双方の販路やパートナーを着実に拡大するなど、流通システムの見直しを推進。今後は空気清浄機、スマートスピーカー、掃除ロボットなどをはじめとしたスマートホーム市場にも焦点を当てていくとしています。

なお、Xiaomiの隆盛で大きな影響を受けざるを得ないのが、HTCやASUSといった台湾が誇るスマホメーカーたち。

激戦区の普及価格帯からハイエンドへと2社は主戦場を移しつつありますが、次世代プロセッサ「Snapdragon 855」搭載モデルの発売でXiaomiに先行され、差別化に苦しんでいるのが現状です。

「最新プロセッサが世界シェア大手のメーカーに優先的に供給され、戦おうにも同じ土俵にすら上がれない」という状況に陥りつつあるスマホ市場。巻き返しは容易ではありません。

・関連記事
「Xiaomi Mi9」いきなり5万円に値下がり、国内未発売のSnapdragon 855&4800万画素3眼カメラ搭載の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ「ZenFone Max Pro(M2)」にプラチナバンドを掴めない致命的な不具合が発覚→海外仕様だったことが判明し返品・交換へ | BUZZAP!(バザップ!)

XiaomiがHTCやASUS潰しか、台湾市場に安価な高性能スマホを一挙投入 | BUZZAP!(バザップ!)

HTCやASUSにスマホ事業を揺るがす逆風、お膝元の台湾市場が中華スマホに完敗 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加