XiaomiがHTCやASUS潰しか、台湾市場に安価な高性能スマホを一挙投入



韓国市場に電撃参入を果たし、同国で圧倒的なシェアを誇るSamsungの牙城を崩しにかかったXiaomiが、台湾にも手を伸ばしました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Xiaomiが台湾市場に注力するため、一気に3機種を投入したそうです。

投入されたのはSnapdragon 845搭載のハイエンドモデル「Xiaomi Mi8」とミドルレンジの「Xiaomi Mi A2」、そしてエントリーモデルの「Xiaomi Redmi 6」。


最も高価な「Mi 8」ですら13999台湾ドル(約5万1000円)と安価で、同じプロセッサを備えたASUSの高コスパスマホ「ZenFone 5Z(14990台湾ドル、約5万5000円)」と真っ正面からぶつかる形に。


23900台湾ドル(約8万7000円)の「HTC U12+」に至っては勝負にならない価格差となっています。


なお、台湾のスマホ販売台数は4月が49万台、5月は52万台、6月は45万1000台と低迷中。

にもかかわらずオンラインでのXiaomiスマホの販売台数は2018年第2四半期に150%増加するなど伸びを見せており、すべてのセグメント向けにコストパフォーマンスの高い新機種を投入することで、一挙に台湾市場を席巻しようとしています。

・関連記事
au、Xiaomiスマホ導入を検討中 | BUZZAP!(バザップ!)

XiaomiがSamsungのお膝元・韓国に殴り込み、日本市場に参入の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

「Galaxy Note 9」本体写真流出&前倒し発売へ、S9不振のSamsungが方針転換 | BUZZAP!(バザップ!)

「HTC U12+」発表のHTC、お膝元の台湾ですらシェア下落に苦しんでいた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング