au、UQ mobileが豪雨被災地支援追加、8月もデータ容量10GBを無償提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIおよびUQコミュニケーションズがデータ通信を使った被災地支援を追加します。詳細は以下から。

KDDIおよびUQコミュニケーションズのプレスリリースによると、両社は平成30年7月豪雨で被災した「au」「UQ mobile」利用者に対し、7月に続いて8月も10GBのデータ容量を無償提供するそうです。

これは災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在するユーザーが対象。auの場合、以下の「データ定額サービス」または「料金プラン」に加入していれば自動適用されます。

5段階定額のauピタットプランはもちろん、ヘビーユーザーやライトユーザー、ガラホ向けプランであろうと分け隔てなく10GBのデータ容量が提供されます。


また、UQ mobileでも「2018年8月のデータチャージ料金から最大10000円を割引する」という形で10GB分のデータが無料に。

なお、KDDI広報のツイッターでは「10GBでできること」の目安を案内中。日々の情報チェックのみならず、映像コンテンツの視聴なども楽しめます。

・関連記事
備えあれば憂いなし、KDDI(au)の災害・通信混雑対策設備をひたすら撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

まるで小型サーバールーム、なかなか珍しい携帯電話の車載型基地局内部を一挙公開 | BUZZAP!(バザップ!)

非常時に設置されるauの携帯電話無料充電スポット、内部は一体どうなっているのか | BUZZAP!(バザップ!)

あのドコモの通信網を支える「ネットワークオペレーションセンター」を見てきた | BUZZAP!(バザップ!)

関西独自の取り組みも、ドコモが災害や通信が混雑する大規模イベントへの取り組みを公開 | BUZZAP!(バザップ!)

国内初お披露目、災害時に伝送路を補完するドコモのLTE対応「5G無線アクセスシステム」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加