AIが作詞作曲したカントリーミュージックの楽曲、不気味の谷に突入する

このエントリーをはてなブックマークに追加



つたなさや未熟さとはまた違った違和感を感じさせてくれます。詳細は以下から。

2018年にAIが作成したカントリーミュージックの楽曲が話題になっています。

この楽曲「You Can't Take My Door」は科学者でサイエンスライターのElle O'BrienさんとBotnik Studiosのチームによるもの。

ニューラルネットワークにこれまでのカントリーミュージックのヒット曲を学習させ、自らの楽曲を作詞作曲しました。最終的な編曲は人間が行い、歌と演奏も人間が行っています。

確かにカントリーミュージックらしさを感じるのですが、歌詞はもとよりメロディにも言葉にできない不思議な違和感が混じり込んでいます。MVはこの曲の奇妙な歌詞を元に作られたもので、テロップも流れるのでじっくりと見てみてください。


いかがでしょうか?サビの部分の歌詞だけちょっと訳してみます。

No, you can't take my door(あなたは私のドアを持って行けない)
I don't wanna love you anymore(あなたのことをこれ以上は愛したくない)
Won't let my heart be my face(私の心を私の顔にしたくない)
barbed whiskey good and wiskey straight(とげとげしいウィスキーがいいの、ウィスキーはストレートでね)

深読みすると深読みできてしまう辺りがなんとも不気味ですが、こうした試行錯誤の末に違和感のないAIが作詞作曲した音楽が登場することになるのでしょうか?

なお、このBotnik Studiosは2018年10月には全曲AIによる作詞作曲のアルバム「Songularity」をクラウドファンディングで作成しています。

こちらはそのアルバムに収録されているモリッシーをフィーチャリングした楽曲「Bored With This Desire To Get Ripped」のMVです。


こちらはボブ・ディランをフィーチャリングした「Negatively 4th Street」。


AI vs. 教科書が読めない子どもたち
新井 紀子
東洋経済新報社
売り上げランキング: 330

・関連記事
人工知能はサンタクロースの夢を見るか?AIが作詞作曲したクリスマスソングが公開される | BUZZAP!(バザップ!)

4人の魂を感じる?人工知能がビートルズのタッチで作曲した「Daddy's Car」 | BUZZAP!(バザップ!)

AIが「ギャラガ」を操作しながら学習していく動画が興味深い事に | BUZZAP!(バザップ!)

アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利 | BUZZAP!(バザップ!)

GoogleのAIが自力で「子AIの作成」に成功、しかも人間作より優秀 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加