4人の魂を感じる?人工知能がビートルズのタッチで作曲した「Daddy’s Car」

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Stephen Luff

人工知能に大画家のタッチで再現させた画像や動画は既に紹介済みですが、今度は音楽です。詳細は以下から。

BUZZAP!では以前画像や動画をピカソ、ゴッホ、ムンク、バスキア、葛飾北斎などの大画家のタッチで再現する人工知能のアルゴリズムを紹介しました。人工知能が巨匠たちのタッチを学び、それを画像や動画の上で再現していく様はまだまだ発展途上とはいえ興味深いものでした。

そして、画像と動画が来れば次に来るのはやはり音楽でした。Sony CSL-ParisのFrançois Pachetによって開発された人工知能による作曲プログラムFlow Machineは、2015年6月にベートーヴェンの交響曲第9番の「歓喜の歌」をボサノヴァ、ジャズ、イビサ系チルアウト、そしてビートルズの「ペニーレイン」のタッチでリミックスした動画をYouTubeで公開していました。

Orchestrations of Beethoven's Ode to Joy by Flow Machines - YouTube


しかし、今回は新曲です。リミックスとはちょっと話が違います。今回Flow Machineはビートルズのタッチで新曲を作曲してしまったのです。それがこちらの楽曲「Daddy's Car」です。まずは聴いてみて下さい。

Daddy's Car_ a song composed by Artificial Intelligence - in the style of the Beatles - YouTube


いかがでしたか?タイトルもなんとなくビートルズっぽくもあり、出だしから曲のつくり、展開など、どこかビートルズらしくニヤリとしてしまう箇所があちこちに散りばめられています。

なお、フランスの作曲家で音楽家のBenoît Carréさんが作詞、アレンジ、演出を手がけているため、この曲の全てをFlow Machineが作り出した訳ではありません。

しかし、既に2016年の時点でここまでできているということは実に驚異的。いつか「ポールの未知の曲が発掘された!」と言われたら騙されてしまいそうなクオリティにまで達することはあるのでしょうか?

レイ・ハラカミのようなエレクトロニカ楽曲ならもっと再現度を上げられそうなので、ぜひ聴いてみたくもありますが…。

Artificial Intelligence Program Tries to Write a Beatles Song_ Listen to “Daddy’s Car” _ Open Culture

(Photo by Stephen Luff


ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル
ザ・ビートルズ
Universal Music =music= (2016-09-09)
売り上げランキング: 67

・関連記事
ゴッホやピカソまで、写真をどんな画家の画風にでも変換できるアルゴリズムが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

「不思議の国のアリス」をピカソやゴッホ、北斎ら17人の有名画家の絵柄で再現した動画が完全に悪夢 | BUZZAP!(バザップ!)

「2001年宇宙の旅」をディープラーニングを用いてピカソのキュービズムの画風で再現すると? | BUZZAP!(バザップ!)

誰でも有名写真家と同レベルに「芸術的」な画像を撮影できる技術をMITが開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

あれから半世紀、50年前のビートルズの最後の公式ライヴ音声 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加