大反響の超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」レビュー、手のひらサイズでド迫力の風景を撮影可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



驚きの手ぶれ補正で映画のワンシーンのように風景を撮影できる、手のひらサイズの超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」。

圧倒的な値下げで現在爆売れ中ですが、その実力はどれほどのものなのか、徹底レビューをお届けします。

かなりシンプルなDJI Osmo Pocketの外箱。


中身はDJI Osmo Pocket本体とソフトケース、USB Type-Cケーブルおよびケース用ストラップと説明書。さらにスマホ接続用のUSB Type-Cおよびライトニングアダプタがついてきます。


DJI Osmo Pocket本体。右側が電源&画像と動画の切り替えボタン。2度押しでセンタリング、3通しでセルフィーへの切り替えになります。左側は画像撮影と動画の撮影開始・停止ボタンです。


小型化されたメカニカルスタビライザーとブラシレスモーターを採用したことで、カメラ部分は手ぶれを抑えつつ自由に動きます。


スマホ向けジンバルで有名なDJIが手がけただけのことはある4Kカメラです。


ライターと大きさを比較するとこんな感じ。


手で持ってみるとこのサイズです。ポケットから片手でさっと取り出して撮影可能。


DJI Osmo Pocketを使用する際にはアクティベーションが必要。スマホに「DJI Mimo」というアプリ(Android 5.0、iOS 10.0以降に対応)をインストールする必要があります。


もしアクティベーションの方法がわからない場合、公式動画でチェックすることもできます。


DJI Osmo Pocketは単体だけでなく、このようにスマホを接続してデジカメ感覚で撮影することも可能。通常撮影に加えて、「180度」「3×3」モードのパノラマ撮影なども楽しめます。


試しにアニメ「四畳半神話大系」のクライマックスの舞台である加茂大橋から鴨川デルタを撮影してみました。まずはノーマルの画像撮影です。


「180度」モードは、いわゆるパノラマ写真となります。その名の通り180度撮影可能です。


「3×3」モードは上下左右を幅広く撮影することが可能で、広角レンズ的に使用する事ができます。


ほかにもユーザーの目線に合わせて動きを再現する「FPVモード」、被写体を自動追尾する「アクティブトラック」、数時間分の映像を数秒にまとめる「モーションラプス」、暗いところできれいに撮れる「ナイトショット」、さらにはマニュアル撮影など、撮影が楽しくなる機能満載のDJI Osmo Pocket。

以下の通販サイト「Banggood.com」ではクーポンコード「JPbgdji」適用で3万6827円に値下がり。価格.comでの最安価格(4万3994円)を大幅に下回っています。

dji osmo pocket 3-axis stabilized handheld camera hd 4k 60fps 80 degree fpv gimbal smartphone Sale - Banggood.com

・関連記事
次世代スマホ「Xiaomi Mi9」大容量モデルも値下がり、Snapdragon 855&ソニーの4800万画素3眼カメラ搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi8」が3万円台に値下がりで超格安スマホに、有機ELや高画質2眼カメラ搭載でもちろん高性能 | BUZZAP!(バザップ!)

GPD Pocket 2を下した「One Mix 2s」爆売れ記念で再び値下がり(台数限定)、別売りのペンもセットに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング