【訃報】臨兵闘者皆陣烈在前…あの九字護身法を世に知らしめた漫画「孔雀王」の作者、荻野真さんが死去

このエントリーをはてなブックマークに追加



あの作品で仏教への扉を開かれた子供はどれくらいいたのだったでしょうか…。詳細は以下から。

アニメや実写映画化もされた人気漫画「孔雀王」の作者として知られる漫画家の荻野真さんが2019年4月29日に腎不全のため59歳で死去したことを、ヤングジャンプが公式サイトにて5月10日公表しました。

荻野さんは1959年に岐阜県に生まれ、85年に週刊ヤングジャンプに「孔雀王」で漫画家デビュー。それ以後は同誌で「孔雀王退魔聖伝」「夜叉烏」「ALGO!」「小類人」「拳銃神」「孔雀王曲神記」などを連載していました。

伝奇SFとも呼ばれる独特な世界観の影響は強く、「孔雀王」では「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」と印を結びながら唱える九字護身法が登場し、厨二心を滾らせてくれました。

今でも印を結ぶことのできる往来のファンも少なくないのではないでしょうか。

孔雀王 全17巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]
荻野 真
集英社
売り上げランキング: 63,459

・関連記事
【訃報】モンキー・パンチさんが81歳で死去、「ルパン三世」原作者 | BUZZAP!(バザップ!)

【訃報】さくらももこさんが死去 | BUZZAP!(バザップ!)

【訃報】日本を代表する絵本作家のかこさとしが92際で死去 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加