4年ぶりの新型iPod touch(第7世代)いきなり発表、iPhone 7と同じApple A10搭載でより低価格に

このエントリーをはてなブックマークに追加



いきなり発表された新型iPod touchは、なかなか割り切った仕様で低価格を追求していました。詳細は以下から。

◆4年ぶりとなった新型iPod touch
これが新たに発表された第7世代iPod touch4インチRetinaディスプレイ(1136×640)に800万画素背面カメラ、120万画素フロントカメラ、イヤホン端子、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1など、2015年発売の第6世代と基本的な仕様は同じです。


大きく変わったのはプロセッサがApple A8→A10 Fusionへと刷新された点。CPU速度最大2倍、グラフィックス性能最大3倍となり、この秋スタートの「Apple Arcade」でもゲームを快適にプレイできます。


カラーバリエーションは第6世代同様、スペースグレイ、ゴールド、シルバー、ピンク、ブルー、レッドの6色で、気になる本体価格は32GBモデルが21800円、128GBモデルが32800円、256GBモデルが43800円。16GBモデルが24800円だった第6世代よりも低価格での展開となりました。


◆第6世代では最新プロセッサを搭載していたものの……
なお、今回のiPod touchで非常に興味深いのが採用されたプロセッサ。

2015年発売の第6世代では当時最先端だったiPhone 6と同じApple A8を採用しており、かなりお買い得な印象がありましたが……


今回は最先端より2世代型落ちとなる「Apple A10 Fusion」に。


昨今の製品ライフサイクルを考えると、今後4年ほど現行機種でありつづけるとみられる新型iPod touch。

つまり言い換えると、iPhone 7をはじめとしたA10採用機種に対して、それだけの期間にわたって最新のiOSが提供され続けるということかもしれません。

・関連記事
安価な新型iPad miniとiPad Air電撃発表、iPhone XSと同じA12 Bionic搭載で3倍高速&Apple Pencil対応も | BUZZAP!(バザップ!)

2019年版iPhoneは5G対応でさらに値上がりか、エントリーモデル追加の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加