4年ぶりの新型iPod touch(第7世代)いきなり発表、iPhone 7と同じApple A10搭載でより低価格に

このエントリーをはてなブックマークに追加



いきなり発表された新型iPod touchは、なかなか割り切った仕様で低価格を追求していました。詳細は以下から。

◆4年ぶりとなった新型iPod touch
これが新たに発表された第7世代iPod touch4インチRetinaディスプレイ(1136×640)に800万画素背面カメラ、120万画素フロントカメラ、イヤホン端子、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1など、2015年発売の第6世代と基本的な仕様は同じです。


大きく変わったのはプロセッサがApple A8→A10 Fusionへと刷新された点。CPU速度最大2倍、グラフィックス性能最大3倍となり、この秋スタートの「Apple Arcade」でもゲームを快適にプレイできます。


カラーバリエーションは第6世代同様、スペースグレイ、ゴールド、シルバー、ピンク、ブルー、レッドの6色で、気になる本体価格は32GBモデルが21800円、128GBモデルが32800円、256GBモデルが43800円。16GBモデルが24800円だった第6世代よりも低価格での展開となりました。


◆第6世代では最新プロセッサを搭載していたものの……
なお、今回のiPod touchで非常に興味深いのが採用されたプロセッサ。

2015年発売の第6世代では当時最先端だったiPhone 6と同じApple A8を採用しており、かなりお買い得な印象がありましたが……


今回は最先端より2世代型落ちとなる「Apple A10 Fusion」に。


昨今の製品ライフサイクルを考えると、今後4年ほど現行機種でありつづけるとみられる新型iPod touch。

つまり言い換えると、iPhone 7をはじめとしたA10採用機種に対して、それだけの期間にわたって最新のiOSが提供され続けるということかもしれません。

・関連記事
安価な新型iPad miniとiPad Air電撃発表、iPhone XSと同じA12 Bionic搭載で3倍高速&Apple Pencil対応も | BUZZAP!(バザップ!)

2019年版iPhoneは5G対応でさらに値上がりか、エントリーモデル追加の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  3. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  4. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました
  5. 総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい

モバイルに関連した楽天商品ランキング