安価な新型iPad miniとiPad Air電撃発表、iPhone XSと同じA12 Bionic搭載で3倍高速&Apple Pencil対応も



根強いニーズはあったものの、なかなか新型が出なかったiPad miniが復活を遂げました。詳細は以下から。

先ほど発表された新しいiPad mini。7.9インチRetinaディスプレイ(2048×1536)にApple A12 Bionic、F値2.4の800万画素カメラとF2.2の700万画素FaceTime HDカメラ、ステレオスピーカー、Touch IDセンサー付きです。


新しいiPad Air10.5インチ(2224×1668)Retinaディスプレイを備えた点以外はほぼ同じスペック。Apple A12 Bionic、F値2.4の800万画素カメラとF2.2の700万画素FaceTime HDカメラ、ステレオスピーカー、Touch IDセンサーを備えています。


Apple A12 Bionic採用でiPad miniはiPad mini 4より最大3倍高速に。


第1世代のApple Pencilをサポートしました。


いずれも64GB/256GBモデルがラインナップされ、Wi-Fi/セルラーを選択可能。大手携帯各社の主要ネットワークをほぼカバーしています。


iPad ProにType-C端子が採用され、iPhoneでは完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」がスタンダードになりつつある中、イヤホンジャックやLIGHTNING端子を残したiPad miniおよびiPad Air。



分かりやすく言うと「旧世代のボディに最新プロセッサを採用したモデル」で、カラーバリエーションもシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色と、少し懐かしいラインナップとなっています。

iPad mini
64GB:Wi-Fiモデルが45800円、セルラーモデルは60800円
256GB:Wi-Fiモデルが62800円、セルラーモデルは77800円

iPad Air
64GB:Wi-Fiモデルが54800円、セルラーモデルは69800円
256GB:Wi-Fiモデルが71800円、セルラーモデルは86800円

・関連記事
2019年版iPhoneは5G対応でさらに値上がりか、エントリーモデル追加の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

「折りたたみiPhone」はAppleの地位を揺るがしかねない存在に、7.2インチ有機EL採用の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング