KDDIとソフトバンク、楽天が5G基地局共用でドコモに対抗、電柱などのインフラを活用へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



大容量通信を実現するために、1台あたりのカバーエリアが狭い基地局をきめ細かに設置する必要がある5G。

なんとドコモに対抗すべく、3社連合が立ち上がりました。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社とソフトバンク、楽天モバイルネットワークが第5世代移動通信システム(5G)の導入に向け、基地局の共用に向けた共同実証に取り組むことに合意したそうです。

これはKDDIの協力のもと、東京電力パワーグリッドが電柱などの電力インフラを使い、基地局設備を携帯電話事業者間で共用するための準備を進めてきたことを受けたもの。

2019年度上期からソフトバンク、楽天モバイルネットワークを交えて実機を用いたシェアリングの実証を開始するとしています。


なお、実証実験では電柱上の基地局設置に関する資機材・機器配置、施工性、保守性やアンテナの共有による電波の干渉状況などを評価。

電柱を複数の携帯電話事業者が共用することで、都市部での柔軟な基地局の整備や、地方での早期のサービス開始など多様なニーズに応えられるほか、設置場所の確保、設備の林立による景観上の課題も解消できるとされています。

・関連記事
KDDIが5Gを2019年開始へ、分離プラン普及で通信収入減収も他領域でカバー | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2019年春以降に通信料金2~4割値下げへ、9月に開始する「5G」投資額の2倍をユーザー還元に | BUZZAP!(バザップ!)

2019年版iPhoneは5G対応でさらに値上がりか、エントリーモデル追加の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加