新型ニンテンドースイッチ2機種はすでに生産中、3DS後継の低価格モデルも

このエントリーをはてなブックマークに追加



年末商戦をニンテンドースイッチが制することになるかもしれません。詳細は以下から。

海外の大手ゲームメディア「GAMESPOT」によると、任天堂が新型ニンテンドースイッチ2機種の生産拠点を中国から東南アジアに移管したことをThe Wall Street Journalが報じたそうです。

これは中国で製造を続けたままだと、米中貿易摩擦によって25%の関税をアメリカに課される可能性があるための措置。もし高率の関税が課された場合、本体価格が上昇してしまい、売り上げにブレーキがかかるおそれがあるとされています。

なお、かねてから取り沙汰されている新型ニンテンドースイッチついては「すでに生産中」とされており、おそらく年末商戦に向けて投入される形に。

PS4に対するPS4 Proのような位置づけとなる「本体の外観はほぼそのままで性能を上げたモデル」および「異なる外観の安価なモデル」が展開されるとのことで、後者は実質的にニンテンドー3DSの後継になるとみられます。

・関連記事
「ニンテンドー3DS」8年間の歴史に幕、「廉価版スイッチ」などへ統合か | BUZZAP!(バザップ!)

スイッチ新機種は廉価版とハイエンドモデルに、ニンテンドー3DSを置き換えか | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂が新型スイッチ2機種を発表か、早ければ今夏にも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームに関連した楽天商品ランキング