「時間のない島」が世界で初めて誕生へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ファンタジーのような話に聞えますが、実は極めて合理的な要求でした。詳細は以下から。

時間とは何でしょうか?それはチクタク進む時計の針が表すもの。ではその時計が表す24時間は何に基づいているのでしょうか?

それは地球が自転する周期であり、太陽や月をはじめとした星々の運行そのものでもあります。

ではもしも、毎日朝が来なかったら?毎日夜が来なかったら?

私たち日本人にはあり得ない仮定に聞えるかもしれませんが、そうした場所がこの地球上には存在しています。そう、白夜極夜の発生する緯度66.6度を超える北極圏や南極圏の話です。

ノルウェー北部のソムロイはスカンジナビア半島の北端近くの島に位置する人口300人余りの小さな漁村。夏には澄んだ海と白く美しいビーチ、冬にはオーロラを求めて観光客も訪れます。


そんなソムロイは5月18日から7月26日まで、69日間に渡って太陽が沈まない長い白夜の季節を迎えます。そしてこの時期、ソムロイでは伝統的な時計の時間は基本的に無視されることになります。

住民のKjell Ove Hvedingさんは「街の伝承で『真夜中の午前2時』と呼び習わされる時間に、子供たちがサッカーをして遊び、人々が家のペンキ塗りや芝刈りを行い、若者たちが泳いでいるのを見ることができるでしょう。我々の多くは、自分たちが何世代も続けてきたことを単純に公的なものと認めて欲しいだけなのです」と述べています。

Tah-dah! Vi har laga en film som førrklare verden der ute ka vi egentlig driv med:). Ka dåkker syns?

Time-Free Zoneさんの投稿 2019年6月6日木曜日


この「時間のない島」というフレーズは魅力的だったため、ソムロイがこの計画を発表した後観光客は大きく増加しました。ですが、ソムロイの住民たちはこの計画を単なる観光キャンペーンではなく実生活のための真剣な提案だと捉えています。

住民たちは既にノルウェーの国会議員に署名を渡し、彼らの努力の実務的、法的な影響について議論を行っています。住民たちの主張が通れば、ソムロイは学校や仕事の時間を伝統的な時計の上での時間からより柔軟に調整できるようになります。

もしソムロイが世界初の「時間のない島」になれば、終わりなき夏を夢見る観光客がこれまで以上に訪れることは間違いなさそうです。

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法
山口揚平
プレジデント社
売り上げランキング: 2,474

・関連記事
2009年の冬、北欧の空に突如現れた光る渦巻き「ノルウェースパイラル」を知っていますか? | BUZZAP!(バザップ!)

昼間に太陽が3時間も「消滅」して夜になる、という怪奇現象がシベリアで発生していた | BUZZAP!(バザップ!)

ノルウェーの、高さ150mの岩山「山羊の双角」の間をジャンプする肝試し | BUZZAP!(バザップ!)

【科学】「時間結晶(Time Crystal)」が生成される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に関連した楽天商品ランキング