ノルウェーの、高さ150mの岩山「山羊の双角」の間をジャンプする肝試し

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by NFK

高所恐怖症の人は見るだけで足がすくみそうです。このふたつの岩の間をジャンプする肝試しがノルウェーの登山家たちの間で半ば慣行なっているようです。

ここはノルウェーの「Svolvargeita(山羊の双角)」と呼ばれる岩山。1910年にCarl Rubensonさん、Alf B. Brynさん、Ferdinand Schjelderupさんの3人によって初登頂された後、多くの登山家やロッククライマーたちが登頂しています。

この「山羊の双角」の頂上にある「Storhorn(大角)」から「Lillehorn(小角)」にジャンプするのが登山家たちのコミュニティでは以前から慣行のようになり、多くの登山家がチャレンジしています。

Photo by Imgur

この岩の間は1.5m。飛べない距離ではありませんが、岩山の高さは150mと、目も眩むような高さ。命綱のハーネスを付けていても怖いこと間違いなし。根性を試すにはこれ以上のロケーションもありません。しかも2008年の春には小角の内側の、ジャンプの着地点に当たる部分が一部崩落し、肝試しはさらにスリリングになっているということです。

Photo by mvanderbilt

実際にジャンプする映像をヘルメットに付けて撮影した動画は以下から。高所恐怖症の人は見ないほうがいいかもしれません…!

Svolvargeita - YouTube




・関連記事
おそロシア、命綱なしで高層ビルのてっぺんの端で写真を撮る危険過ぎる遊びが流行中 BUZZAP!(バザップ!)

まさに九死に一生、すれ違う列車を間一髪で避ける少女の映像 BUZZAP!(バザップ!)

巨大サメの前に友達を突き落とすヤバすぎるイタズラ動画 BUZZAP!(バザップ!)

垂直な壁をバイクや車で駆け巡るあまりに危険なインドのショー BUZZAP!(バザップ!)

【閲覧注意】インド人もびっくり!シーク教徒たちの脅威の流血パフォーマンス BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加