LTEの通信速度が3倍になるKDDIの「Advanced MIMO技術」

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日BUZZAPでLTEの通信速度を向上させる「Advanced MIMO技術」が開発されたことをお伝えしましたが、その概要を実際の試験装置を交えてお伝えします。



先週開催された「ワイヤレスジャパン2013」のKDDI研究所ブースでは、「Advanced MIMO技術」が展示されていました。


同技術は基地局アンテナ数が8本になるLTE-Advancedを意識したもので、周波数利用効率を現行のLTEの約3倍にあたる20bps/Hzにまで引き上げるというもの。これにより通信速度が3倍にまで引き上げられます。




これが実験装置。基地局ベースバンドや端末などが再現されています。



実現すれば一般的な家庭用光ファイバーに匹敵する現行のLTEをさらに高速化させることができる同技術。なお、KDDIは昨年のワイヤレスジャパン2012で3GやWiMAX、LTE、Wi-Fiを同時に利用することで通信速度を向上させる「リンクアグリゲーション無線技術」を出展するなど、通信速度の高速化に向けて興味深いアプローチを行っています。


・関連記事
WiMAXやLTE、Wi-Fi、3Gを同時利用できる「リンクアグリゲーション無線技術」をKDDIが開発、通信速度が飛躍的に向上へ | BUZZAP!(バザップ!)

Blu-ray144枚を1秒で伝送、28.8Tbpsの「マルチコア光ファイバー」は爆増する通信量対策の鍵に | BUZZAP!(バザップ!)

1台でLTEと無線LANを同時に整備できるフェムトセル登場、携帯電話会社に福音 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加