Blu-ray144枚を1秒で伝送、28.8Tbpsの「マルチコア光ファイバー」は爆増する通信量対策の鍵に

このエントリーをはてなブックマークに追加



一般的な家庭向け光ファイバーの通信速度(100Mbps)に匹敵する次世代高速モバイル通信に対応したスマートフォンや、ハイビジョン画質の動画配信サービスなどが急速に普及する中で、やはり問題となるのが爆増する通信量。

モバイル回線が逼迫しつつあることは周知の通りですが、バックボーンとなる固定回線も決して例外ではなく、1本の光ファイバーで伝送できるデータ量の限界が近づきつつある中、KDDIがその対応策となる技術「マルチコア光ファイバー」を開発しています。



ワイヤレスジャパン2013のKDDI研究所ブースでは、現行のシングルコア光ファイバーを発展させた「マルチコア光ファイバー」が展示されています。


マルチコア光ファイバーの概要。1本の光ファイバーに7つのコアを搭載することで、現行システムの30倍となる28.8Tbps(毎秒3.6TB、Blu-rayディスク144枚分)の通信速度と6160kmの伝送距離を実現しています。


なお、光ファイバーを通るデータ量は毎年約1.4倍のペースで増加中。5~6年後には今の7倍以上になるとされており、1本の光ファイバーで運べるデータ量の限界が近づきつつあるとのこと。


これがマルチコア光ファイバーの実物とその母材。



顕微鏡で覗くと7つコアがあるのが分かります。



ちなみにNTTドコモは2015年に現行のLTEをさらに発展させた「LTE-Advanced」を展開予定。規格上の通信速度は下り1Gbpsを超えるとされますが、実現にあたってはバックボーンの強化が必要不可欠です。


・関連記事
数十Gbpsを実現する「5G(第5世代携帯電話)」の展開予定が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

au版iPhone 5は毎秒75MB(600Mbps)で通信できません | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが10Gbpsの超高速通信に成功、一般的な光ファイバー100本分に相当 | BUZZAP!(バザップ!)

「USB 3.0」が10Gbps(毎秒1.25GB)に高速化へ、コネクタはそのまま | BUZZAP!(バザップ!)

世界最速の24Tbps(毎秒3TB)を光ファイバー1本で実現する技術をNTTやNEC、富士通が開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加