世界最速の24Tbps(毎秒3TB)を光ファイバー1本で実現する技術をNTTやNEC、富士通が開発へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



高速、大容量なデータ通信への需要が高まっていることを受け、NTTやNEC、富士通が次世代光ネットワーク技術を開発することを発表しました。

実現すれば光ファイバー1本で、1秒あたり3TBのデータ転送を実現できるようになります。



世界最高水準の400ギガビット級光伝送技術実用化に向けた共同研究開発に着手 (2012年12月11日):プレスリリース | NEC

NTTとNEC、富士通が共同で発表したプレスリリースによると、世界最高水準の1チャネルあたり400Gbpsクラスの次世代光伝送方式「デジタルコヒーレント光伝送技術」の実用化に向けた共同研究開発を開始したそうです。

これは近年、インターネットやスマートフォンの普及に伴うデータ通信量の爆発的増大に加え、ビジネス分野でも「ビッグデータ」と呼ばれるデータの処理が必要とされるなど、ユーザーのスピードやサービスに対する期待は膨らみ続けているほか、近い将来取り扱うデータ量の増大は予想をはるかに超えるだけでなく、ネットワーク上の通信量の変動は非常に大きくなり、それに耐えうる柔軟なネットワークの構築が求められていることを受けたもの。

そしてNTTとNEC、富士通の3社は世界中の光ネットワークへの普及が進んでいる100Gbpsクラスの光伝送方式の商用化を実現した技術力を結集し、光伝送のキーとなるデジタルコヒーレント光伝送方式のさらなる高性能・高機能化を進めてゆくことで、超高速かつ低消費電力で柔軟性を兼ね備えた世界最高レベルの光ネットワークの実現を目指すとしています。

今後3社が2014年までの実現を目指す、次世代光ネットワーク技術の内容。現在の100Gbpsクラスの伝送方式で採用している「4値位相変調」をさらに多値化した16値の「直交振幅変調」を採用することで、1チャネルあたり400Gbpsクラス、光ファイバー1本あたり24Tbpsクラスの超高速光伝送を実現するとのこと。

・1チャネルあたり毎秒400ギガビット級、ファイバーあたり毎秒24テラビット級の超高速・大容量光伝送の実現
・性能劣化要因である光ファイバー伝送路の波長分散、偏波モード分散、非線形効果を補償する機能の実現とそれに伴う伝送距離の向上(従来の2倍以上)
・装置数の削減によるネットワーク消費電力の大幅な削減 (従来の1/2以下)
・同一ハードウェアでの適応変復調による柔軟なネットワークの構築


家庭向け光ファイバーの普及に加え、100Mbpsを超える高速モバイルデータ通信サービスの普及などが進み、バックボーンとなる回線の増強は課題となる中、新技術の開発に期待が寄せられます。

光回線を巡るNTT、KDDI、ソフトバンクの野望―知られざる通信戦争の真実
日経コミュニケーション編集
日経BP社
売り上げランキング: 316965



・関連記事
1P(ペタ)bpsの光ファイバー開発、一般的な光回線の約1000万倍の通信速度を実現 | BUZZAP!(バザップ!)

1Gbpsの「eo光ネット」が月額4200円に、国内最安でauスマートバリュー適用時は実質無料に | BUZZAP!(バザップ!)

伝送速度最大1.3Gbps、次世代無線LAN「5G WiFi(IEEE 802.11ac)」はカバーエリア拡大も | BUZZAP!(バザップ!)

ついにGoogle自らが携帯電話事業への参入を検討か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加