WiMAXやLTE、Wi-Fi、3Gを同時利用できる「リンクアグリゲーション無線技術」をKDDIが開発、通信速度が飛躍的に向上へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが従来よりも高速な通信を実現する「リンクアグリゲーション無線技術」を開発し、本日から東京ビッグサイトで行われている「ワイヤレスジャパン2012」で公開しました。



ワイヤレスジャパン2012のKDDIブース


「リンクアグリゲーション無線技術」の展示が行われていました。


同技術はWiMAXやLTE、Wi-Fi、3Gといった複数の通信方式を同時に利用することで高速通信を実現するというもので、異なるそれぞれの通信方式の通信状況を把握してコントロールすることで、安定した通信を実現。従来環境と比較して屋内では平均2.4倍、屋外では平均2.2倍高速化できるほか、さらにネットワーク側に専用装置が必要無く、端末のみで実現可能となっています。


展示されていたデモ機


左は従来の3Gのみ、右はリンクアグリゲーション無線技術を採用することで、3GとWiMAXの同時通信を利用できるようになっています。


画面上に表示されていたスループット。3MB程度のファイルを3G端末では25.469秒、3GおよびWiMAXのリンクアグリゲーション対応端末では7.710秒でダウンロードできており、およそ3倍の通信速度を実現。


デモ画面はモニターでも確認できます。


実際のデモの様子。通信状況をグラフで見ることができますが、やはり複数の回線を同時に利用しているだけあって、リンクアグリゲーション端末の方が圧倒的に高速であることが分かります。

超高速化を実現するKDDIの「リンクアグリゲーション技術」実演デモ - YouTube


3Gや次世代高速通信「モバイルWiMAX」に加え、今年秋からはLTEを開始する予定であるKDDI。

スマートフォンの普及で通信量が爆発的に増加し、単一のネットワークではさばききれなくなっていることから、複数のネットワークへと通信を分散させる「オフロード」の重要性が叫ばれている昨今ですが、端末単体で複数のネットワークを駆使して通信できるようになるということは、オフロードにもつながると考えられるため、非常に意味のある技術ではないでしょうか。

・関連記事
安易に基地局を増やすだけでは不可能、「つながるau」を実現するための取り組みをKDDIが解説 | BUZZAP!(バザップ!)

知られざる「au Wi-Fi SPOT」の優れた機能が判明、干渉対策や電波が届く仕組みも | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI陣営が2012年4月度の純増数トップに、ソフトバンク陣営の猛攻をかわす | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAX対応の高性能スマフォ「HTC EVO 3D(ISW12HT)」が処分価格で販売中、新規契約や機種変更も破格に | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「電波サポート24」を開始、24時間以内に電波改善要求に対応へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加