ソフトバンクがau対抗の完全データ定額プラン発表へ、キーワードは「ギガ死」でテザリングも視野に



ソフトバンクが完全データ定額プラン発表の前触れと受け取れる動きを見せています。詳細は以下から。

ソフトバンクが自社サイトでなく、プレスリリース配信会社経由で発表した調査結果によると、同社は2019年3月に、10~60代の大手3社でスマホを契約しているユーザーに「スマートフォンの通信利用に関する実態調査」を実施したそうです。

これは全国1200人を対象にスマホの利用状況と速度制限にまつわるアンケートを行ったもので、約4割がパケ死ならぬ「ギガ死」を経験しており、約14人に1人がほぼ毎月ギガ死しているとのこと。


特に九州・沖縄ではギガ死の経験が54.3%と地域別で唯一の過半数超えを記録。原因として動画配信サービスやテザリングの影響が大きいことが挙げられています。


テザリングの利用動向。毎月速度制限を体験する人ほど、利用している傾向にあります。


なお、頻繁にギガ死する人ほど月間15~20GBなどの大容量プランを契約する傾向にあるものの、今の契約プランには満足しておらず、「今より容量の大きいプランにしたい」と考えていることも明らかに。


ギガ死した場合のフラストレーションも突出しています。


「動画やテザリングでギガ死する人たちが思いのほかいて、ストレスを溜めているようです」という内容となったソフトバンクの調査結果。

いつものように「ギガ死」というキャッチーなフレーズを用意していることからも、今回の調査結果を使って「ギガ死を防げる完全データ定額プランを作りました。これでストレスはありません!」と言うための布石としか思えません。

わざわざテザリングに言及しているあたり、20GBの上限を設けた「auデータMAXプラン」に対抗する気満々のように思えますが、「動画もテザリングも完全定額」となるのかどうかが気になるところです。

・関連記事
完全定額の「auデータMAXプラン」「新auピタットプラン」など新プランはどれだけすごいのか、ドコモの「ギガホ」と比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

【本末転倒】携帯料金の長期契約割引を総務省が規制へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが月額980円の「スマホデビュープラン」発表、PayPay還元で実質半年間無料に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが高度2万メートルの基地局40基で日本列島をカバーできる「成層圏通信(HAPS)」事業化へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが2019年夏モデル発表、2万円以上のPayPay還元も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  3. auが月額900円で5GBと通話定額付きの「スマホスタートプラン」開始、Prime Student無料で1年経過後も割安な若者向け格安プランに
  4. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  5. 【追記】「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」登場、シャープが2022年秋冬モデルの最新スマホを発表

モバイルに関連した楽天商品ランキング