画面刷新で超使える「GPD P2 Max」登場、SSD採用でGPD Pocket 2より爆速化&ペン入力にも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



現実的な画面サイズに十分使える処理能力、さらにお絵かきまでできる小型ノートが登場しました。

「今までの7インチは小さすぎてちょっと……」という人にも、自信を持って薦められます。詳細は以下から。

これが新たに登場した「GPD P2 Max」。sRGB 100%、視野角178度で発色の良い8.9インチWQXGA(2560×1600)H-IPS液晶を備えた小型ノートで、iPad miniと同じ画面サイズで使いやすい1台です。


画面解像度でMacBookを上回るGPD P2 Max。超高精細な美麗液晶でさまざまなコンテンツを楽しめます。


画面下部に200万画素前面カメラを備え、ビデオチャットなども利用できます。


画面が大きくなったことで、余裕を持ってタイプしやすくなったキーボード。



日本語キーボード版も提供されます。


キーボード右上には指紋認証センサーを兼ねた電源ボタン


キーだけでなく、ペンで入力することもできるようになりました。ちょっとしたお絵かきならできそうです。


プロセッサはIntelの「Celeron 3965Y」ないし「Core m3-8100Y」から選べます。


23%大きくなったヒートパイプ、45%改善されたエアフロー、水冷機構によって冷却システムがアップグレード。Core m3版を選んでも安心して使うことができます。


GPD P2 Maxの大きな改善点が、eMMCでなくSSDを備えたところ。


グラフで見ると爆速っぷりは一目瞭然。ストレージの高速化は体感速度に直結するため、非常にうれしいアップデートです。


5GHz、2.4GHzのWi-Fiもサポートしています。


各種インターフェースはこんな感じ。タッチパッドを備えたことで、より操作性が向上しました。


右側面にmicroHDMI端子やUSB Type-C端子。USB端子が左右に一つずつあるため、拡張性は十分です。


底面に冷却用の吸気口およびステレオスピーカーを配置。


35Whの大容量リチウムポリマーバッテリーを搭載。


30WのUSB PD充電に対応。スマホと充電器を共用できます。


iPad mini 4と変わらないサイズ感のGPD P2 Max。


薄型で軽さは650グラムです。


各種アップデートで使いやすくなったにもかかわらず、軽装の時でも持ち運びやすいのが大きなアドバンテージです。


ステレオスピーカーを備えたことで、映像コンテンツなども楽しみやすくなったGPD P2 Max。サムネイルをクリックすると詳細なスペックを確認できます。


Core m3モデルの12インチMacBookと比べるとこんな感じ。サムネイルをクリックすると詳細な比較を見ることができます。


使ってみたイメージ写真はこんな感じです。




「世界最小のUltrabook」を自称するGPD P2 Max。

現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で出資が募られており、Core-m3 8100Y(16GBメモリ、512GB SSD)モデルは7万6123円、Celeron 3965Y(8GBメモリ、256GB SSD)モデルは5万7279円です。

すでに7月4日15:00時点で当初の目標の5倍近い4700万円相当の出資を獲得することができており、生産が確定しています。

GPD P2 Max: The world's smallest Ultrabook | Indiegogo

・関連記事
3万円台突入で大人気の「Xiaomi Mi9」速攻レビュー、ソニーの4800万画素カメラやSnapdragon 855搭載の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

"最強"超小型ノート「One Mix 3s Platinum」登場、見やすい美麗画面やCore i7/16GBメモリ/512GB SSD搭載の最上位機に | BUZZAP!(バザップ!)

ペンも使える低価格超小型ノート「One Mix 1S」発売、廉価版GPD Pocket 2対抗で絶妙なバランス | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング