犬や猫を10分モフるだけでストレスホルモンが大幅減少、ようやく科学が証明

このエントリーをはてなブックマークに追加



全方位から「知ってた」と言われそうな話ですが、ようやく研究によって明らかにされました。これからはこの成果をもとに各企業などで積極的なモフりタイムが導入されることが望まれます。詳細は以下から。

仕事のストレスが溜まった時、試験や論文で行き詰まった時、恋愛や人間関係で泣きそうな時、犬や猫をモフるだけで(実際の問題は解決しなくても)降り積もったストレスがすっと消えてゆく体験をしたことのある人は多いはず。

それは自分の飼っている犬や猫であっても、犬・猫カフェであっても、帰り道の地域猫であっても、触れ合いがもたらしてくれるものの大きさには変わりがありません。

そんな人類にとってある意味自明の事実がようやく研究によって明らかにされました

ワシントン州立大学の Patricia Pendry準教授らのチームがジャーナル「AERA Open」に発表したところによると、10分程度犬や猫をモフった被験者らのストレスホルモンに著しい減少が見られたとのこと。


実験室ではなく一般的な生活空間でのこうした実験で、主要なストレスホルモンであるコルチゾールレベルの低下が観測されたのは初めてのことです。

実験では249人の大学生の被験者が無作為に4つのグループに分類されました。最初のグループは10分間数匹の犬猫と実際の交流を持ちます。ここで被験者らは犬猫と好きなようにモフったり遊んだりしながらくつろげます。

2つ目のグループはモフっている人々を観察させられます。3つ目のグループはこれからモフれる犬猫をスライドショーで見せられます。4つ目のグループは何も無しで待機となります。

いずれのグループも次に犬猫をモフれると知らされており、またスマホや本など気を逸らすものなし待たされます。また、コルチゾールのサンプルは各被験者から唾液によって朝起きた時に摂取されています。

これらのデータを集計した結果、直接犬猫をモフったグループの被験者らのモフり後の唾液ではコルチゾールのレベルが著しく低下していました。この結果は元々コルチゾールのレベルが高かった被験者にも低かった被験者にも同様の結果が見られたとのこと。


Pendry準教授は「犬猫をモフることを学生達が楽しんでいることも、そこからポジティブな感情を経験していることも知っていました。でも私たちはそのことをより客観的なやり方で示したかったのです。ストレスホルモンの減少は長期的な心身の健康に大きな利益となるから」と語っています。

現在Pendry準教授らは研究を進めており、今は4週間に渡る動物の力を借りたストレス軽減のプログラムを実験中とのこと。なんとも羨ましい実験です。

これを機に各企業に仮眠室や託児所と共に犬猫モフり室が完備され、犬猫カフェに健康保険が適用されるような、誰にとっても素晴らしい社会が到来することを願ってやみません。

カボチャの冒険 (バンブーコミックス)
五十嵐 大介
竹書房
売り上げランキング: 38,412

ヒト、犬に会う 言葉と論理の始原へ (講談社選書メチエ)
島 泰三
講談社
売り上げランキング: 5,292

・関連記事
大の猫好きだったフレディ・マーキュリーが共に過ごした猫たちとの仲睦まじい写真 | BUZZAP!(バザップ!)

犬にも音楽の好みがあり、多くはレゲエ好きだと判明 | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】生まれたての仔猫は10ヶ月でどこまで大人になるのか | BUZZAP!(バザップ!)

ウルトラマラソンのランナー、ゴビ砂漠を共に100km以上走破した野良犬と生涯の友に | BUZZAP!(バザップ!)

猫のイビキがうるさくて仕事に集中できない→録音して動画を公開したら可愛らし過ぎて大人気に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフに関連した楽天商品ランキング