世界初の1億800万画素スマホ向けカメラセンサー「ISOCELL Bright HMX」がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホ向けとしては世界最高峰となる超高精細カメラセンサーが開発されました。詳細は以下から。

Samsungのプレスリリースによると、同社は世界初となるスマホカメラ向け1億800万画素センサー「Samsung ISOCELL Bright HMX」の量産を今月後半から開始するそうです。

ISOCELL Bright HMXは1/1.33インチ。1億を超えるピクセルによって細部まで非常にシャープな写真を撮ることができる新型センサーとのこと。


0.8マイクロメートルのピクセル4つを1つにまとめる「Tetracell」技術によって、暗いところでも明るい2700万画素相当の超高精細写真を撮れるようになります。


さらに「Smart-ISO」技術によって明るい場所でISO感度を落とし、彩度を改善することができるほか、暗い場所ではISO感度を上げてノイズを減らし、より鮮明な写真撮影を実現します。

なお、 ISOCELL Bright HMXはXiaomiとの協業によって生まれたセンサー。ソニーとタッグを組んで高画質センサーを開発しているHuaweiのような試みが広がりつつあります。

・関連記事
大人気の超小型4Kカメラ「DJI Osmo Action」「DJI Osmo Pocket」、またしても3万円台前半で過去最安に | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】Galaxy S10+、Xperia 1、Huawei P30/P30 Pro、AQUOS R3、Xiaomi Mi9のカメラを比較してみた【夜景編1】 | BUZZAP!(バザップ!)

2万円台の格安スマホ「Huawei Honor 9X」鮮烈デビュー、P30 liteを処理能力や4800万画素カメラで圧倒 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング