地球の自転を一発で実感できる、コロンブスの卵なタイムラプス映像

このエントリーをはてなブックマークに追加



ものの見方はちょっと変えるだけでここまで世界の見え方は違ってきます。詳細は以下から。

「太陽が東から昇る」「地球が自転しているから太陽が東から見えてくる」これらはいずれも同じ現象を別の立場から言葉にしています。

確かに地球は自転しながら太陽の周りを公転しているのですが、なかなか自分の視点を離れてものを考えたり感じたりすることは困難なもの。

そんな逆転の発想をそのまま映像にしてしまったようなタイムラプスムービーが話題になっています。この作品は写真家のAryeh Nirenbergが2017年に撮影し、YouTubeにアップしたもの。赤道儀式架台を用いて天の川を中心にトラッキングしながら3時間に渡って撮影したもの。

ネット上で「発掘」されて話題となっていますが、どんな映像なのか言葉ではなく実際の映像でご覧下さい。


天の川が沈んでいくのではなく、はるか遠くにある天の川を背景に地球という惑星が回転している様子がはっきりと分かります。

当たり前だと思っている事の視点を少しずらしてみると、こうして全く違うものが見えてくるのかもしれません。

・関連記事
16km先から「火山に沈む月」を超望遠レンズで撮影した動画が息を呑む異世界に | BUZZAP!(バザップ!)

世界で初めて撮影された彗星表面のGIF動画、まるで粉雪が舞うような様子が話題に | BUZZAP!(バザップ!)

人類が生み出す「光害」がどれほど夜空を汚染しているか分かるショートムービー | BUZZAP!(バザップ!)

これはUFOだと思うわ…SpaceXのFalcon9打ち上げタイムラプス映像が幻想的すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

もう他人事じゃない?スーパーセルを追い続けた映像作家の息を呑むタイムラプス映像作品 | BUZZAP!(バザップ!)

地球の広さと人間の営みを駆け抜ける、コンテナ船の紅海から香港までの30日の旅程を描いたタイムラプス映像に息を呑まされる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加