「窓を基地局化するガラスアンテナ」ドコモが運用開始、5G対応モデルも投入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



以前お伝えした「窓を基地局にするガラスアンテナ」の運用が本格的に開始されました。詳細は以下から。

NTTドコモおよびAGCのプレスリリースによると、両社は景観を損ねずに窓ガラスの室内側から貼り付けできるガラスアンテナ「WAVEATTOCH」を都内のビル窓に設置し、窓の基地局化を行ったそうです。

開発されたガラスアンテナをおさらい。850mm×212mm、約2.5kgと試作機(700mm×210mm、重さ1.9kg)よりサイズアップ。TD-LTEの3.5GHz帯(Band 42)対応で、試作機では4x4MIMO、256QAMによって下り588Mbpsを実現していました。


透明・透視性のある導電材料とガラスを組み合わせることで、景観や室内デザインを損なわないほか、新開発の「Glass Interface Layer(グラス インターフェイス レイヤー)」によって窓ガラスを通過した際の電波の減衰・反射を抑えることもできます。


通信量が大きいエリアへの対策として採用されてきた「スモールセル基地局」は街の景観を損ねるなどの問題がありましたが、建物内にアンテナを設置することで建物内から屋外をエリア化できるように。カバーエリアは設置環境により異なるものの、半径約100~200メートル程度とされています。


なお、現在両社は5G対応のガラスアンテナを開発中。2019年中の開発完了、2020年中にサービス開始予定とされています。

・関連記事
【速報】ドコモが2019年冬春スマホ発表会開催へ、5Gスマホなどに注目 | BUZZAP!(バザップ!)

【世界初】1Gbps以上の5G通信を「走行中の東海道新幹線」でドコモが実現、しかも28GHz帯で | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ新料金プラン発表、dカード払いは2年縛りなしで長期割引が一部縮小 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング