ジャパンディスプレイ初の有機ELついに出荷開始、独自技術で高精細・低消費電力・長寿命化を実現



ついに「日の丸有機EL」が日の目を見ることになりそうです。詳細は以下から。

本日付けで発表されたジャパンディスプレイの2019年4~9月期の決算資料。1086億円の最終損益となっていましたが、2019年下期の見通しとして「当社初の有機EL(OLED)ディスプレイの出荷を11月中に開始予定」が挙げられています。


世界初となる縦型蒸着装置と高精細ハイブリッドマスクによって高い生産効率を実現するジャパンディスプレイの有機EL。Advanced-SBS、Advanced-LTPS技術の組み合わせによって、さらなる高精細化・低消費電力化・長寿命化が可能になるとのこと。


開発品は5.5インチフルHD(1920×1080)でコントラスト比100000:1、700cd。先行するサムスン、LG、BOEなどに対抗できるのでしょうか。

技術情報 : JDIの最新ディスプレイ技術 : 高コントラスト・薄型 | 株式会社ジャパンディスプレイ

・関連記事
政府主導で5G半導体国産化へ、ファーウェイやサムスン追撃にわずか1000億円の投資でエルピーダ・ルネサス・JDIの悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

高性能な次世代の「MicroLEDディスプレイ」を京セラが開発、液晶や有機ELを超える表示性能に | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】韓国への有機EL材料輸出規制、回り回って日本メーカーへのダメージに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング